バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

タックル

バスタックルの基礎知識

更新日:

バスタックルイメージ
バスタックルには、ベイトタックルスピニングタックルがある。
このページではバスタックルの基本知識を紹介していく。

スポンサーリンク

ベイトタックルについて

ベイトタックルイメージ
ベイトタックルは両軸受けリールとも呼ばれるリールを使用したタックルでスプールが直接動くためパワーゲームが得意

逆に小さなルアーや繊細な釣りが苦手とされてきたが最近では「ベイトフィネス」と呼ばれる繊細なルアーを投げれるタックルもラインナップされている。ベイトフィネスでは3グラム以下のワームといった軽量のルアーまで問題なく使用可能。

ベイトタックルの使い方

タックルの持ち方
まず、持ち方は竿についた突起が中指と薬指、もしくは薬指と小指の間で持つのが普通。リールがグラつくような持ち方では当たりがわかりづらい。

ベイトタックルは投げ方の練習が若干必要だが投げ方のコツは横投げ(サイドキャスト)から始めることだ。

オーバーヘッドキャストの場合、タイミングをミスると水面にルアーを叩きつけてバックラッシュと呼ばれるライントラブルになってしまうから初心者にはおすすめしない。

オーバーヘッドキャストをする場合は下の写真のようにリールを横向きにして投げると良い。
ベイトリールの投げ方紹介図

スピニングリールの使い方

スピニングリールの持ち方
スピニングタックルの持ち方は中指と薬指の間にリールの足が来るように持つのが普通。変な持ち方ではバランスが悪くなりあたりが取れないし、魚とのやりとりもしづらいので必ずこの位置で持つこと。

スピニングタックルは少しの練習で誰にでも簡単に扱うことができるようになる。

初心者におすすめなバスタックル

タックルは初心者におすすめなのがロッド(竿)で1万円くらいのもの。リールは1万円くらいのもの。これくらいのものが長く使える。

ロッドについて

ベイトリール用ロッドとスピニングリール用ロッドの見分け方は持つところに突起があるほうがベイトリール用ロッド。無いのはスピニング用。品番にCが入ってるのがベイト用(キャスティングのC)。品番にSが入ってるとスピニング。

ロッドを選ぶときに重要なのが硬さ。硬さは細分化されていて同じロッドでも非常に沢山の種類があるのはこのためである。使いたいルアーに合わせてロッドを選ぶのが普通だが最初はバーサタイルモデルと呼ばれる万能モデルを買うといいだろう。

まず買うべきロッドはベイトの巻物用スピニングのフィネス用(ULモデル)の2種類。出来ればベイトで重い仕掛け(リグ)を使えるような硬い竿があるといいが最初は無くても問題ない。
icon

おすすめブラックバスフィッシング用ロッド

この辺りのモデルは硬さや長さがかなり色々なラインナップとして発売されているので店で触ってみて使いやすそうなものを選ぶと良いだろう。

バスロッドについてより詳細に書いたページはこちらから

バスタックルのリールについて

ベイトリールのサイズは100番くらい、スピニングリールの大きさは2000番〜2500番(ダイワ社サイズ)くらいのものが使いやすい。

ベイトリールは左巻き右巻きがあるが右手が利き手なら左巻きの方がロッド操作を利き手で行えるのでアクションはつけやすい。巻物は右で巻いたほうが巻きやすいので右巻きを選ぶ。スピニングリールは通常ハンドルが付け替えれるので左右兼用。

おすすめブラックバスフィッシング用リール

ベイトリール

ベイトリールはバックラッシュというトラブルが起こらないようにブレーキが内蔵されている。このシステムがマグネット方式なのがダイワ、遠心力方式なのがシマノ。軽いルアーはマグネットが使いやすく飛距離は遠心の方が上というようなことが言われているものの好みの部分が大きいので初心者に関してはあまり気にせず買っても問題はない。

スピニングリール

選ぶポイントは軽さと巻き心地であるがバス用の場合スピニングで巻物をすることが少ないので初心者は軽さ優先で選ぶのがおすすめ。他ドラグというラインが自動的に出ていく機能が優れているかもチェックポイント。

icon

バスフィッシング用ラインについて

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボン、ナイロン、PEなどの素材がある。

これらの使い分けを簡単に説明するとフロロカーボンは固くて比重が高いためアタリが取りやすくフィネス系やハードカバーを狙う釣りによく使われる。

ナイロンラインは柔らかく扱いやすいという特長からルアーを巻いて釣る釣りでよく使われる。ナイロンは扱いやすいので初心者におすすめの素材

PEラインは非常に強い特長があり飛距離は最強レベル。ただ伸びがなく衝撃に弱いことや根ズレに弱いこと、コシが無く使いづらいことから素人にはオススメできない素材。

太さは使うルアーによって様々な組み合わせになるが基本的にスピニングタックルでフロロカーボンラインを使うなら3〜6ポンド。ナイロンなら4〜8ポンドをおすすめする。(PEはメーカーによって太さにバラつきが激しいので号数よりもポンド数で選ぶ)

ベイトタックルの場合は基本的に12〜20ポンド程度のラインを使う。(ベイトタックルは糸ヨレなどが起こりづらいのでフロロカーボンでもナイロンでも問題ない)

太さを決めるポイントで重要なのは釣りをする場所の根の荒さ。立木やブッシュが多い場所では引っかかりやすくなるので太めのラインを使い、特にカバーのきつくない場所ならできるだけ細いラインで問題ない。オープンなエリアではたとえ50センチのブラックバスがかかってもちゃんとしたドラグ設定をしておけば2ポンドのラインで問題なくキャッチできるだろう(初心者にはおすすめしないが)。

その他詳しいバス用ラインについての話はこちらから

-タックル

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.