バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少しわかりづらいと思うのでここで基本的な情報をまとめてみる。

バスラインの素材について

まず、バスフィッシングで使用されるラインはナイロン・フロロカーボン・PEの三種類がありそれぞれ性質が異なる。

簡単に説明していこう。

ナイロンライン

ナイロンは伸びやすくて扱いやすいが感度が低い、日光や吸水性により劣化する、擦れて切れやすいなどのデメリットもある。

フロロカーボンライン

フロロ感度が高く、硬いので根ズレに強いが巻きぐせがつきやすくトラブルになりやすいなどのデメリットもある。

PEライン

PEライン感度が非常に高く、細く作れるので飛距離が伸びるなどのメリットがあるが高価で編みこみ構造により風の影響を受けやすいことや根ずれには弱いというデメリットもある。

ラインの浮力の話

水中のライン図
比重によるキャスト直後の水中イメージは上記の図のようになり、PEラインは完全に浮き、ナイロンラインは少しだけ浮いてフロロカーボンラインは沈む。

このイメージを頭のなかに入れるとどのルアーをどのように使いたいかでラインの使い分けができるだろう。

例えばノーシンカーワームをPEラインで使おうとすると沈めても常に上に引っ張られるようなイメージになるため水深がある場所で底をネチネチとは攻めづらい。

逆にトップウォーター類を使うときにフロロカーボンラインを使用すると下へ引き込まれる力が強いので必要以上にルアーが潜り込んでしまい使いづらい。

ラインは適材適所で使い分けるのがよいだろう。

バスフィッシングで使うラインの太さはどれぐらい?

ラインに使用される単位がポンドと呼ばれる単位で0.5キロより若干軽めくらいが1ポンド。なので4ポンドだと2キロくらいの魚を持ち上げれる計算。号数で書かれている場合は1号が4ポンドとなる。

魚が力一杯ひっぱると4キロとかの力になってしまうのでドラグと呼ばれる装置(リールの頭にあるつまみ)を緩めたりして強い力で引き込まれると糸が出るようにしておかなければならない。ペットボトルに水を入れてラインを結び持ち上げてみるなどすると良い。

ちなみに、ブラックバスは40センチくらいで大体1キロ。50センチを超えるランカーで2.5キロとかの重さ。

スピニングリールの場合

おすすめのラインのポンド数は大体3~6ポンド、5ポンドくらいだとそう簡単には切れないし軽いワームでも難なく操れる。

ただナイロンだと根ずれに弱いので高価ではあるがフロロカーボンをおすすめする。
8ポンドと太目のラインをおすすめされる場合もあるがスピニングリールは非常に巻き癖がつきやすくトラブルになりやすいので出来る限り柔らかい細めのラインを使用したい。

PEラインを使う場合、太いもの(4号以上)は直結でも良いが細いものは直結した場合丸呑みされると歯で切られることがあるのでリーダーを付ける。

スピニングリール用ラインおすすめ

私は前は高いラインを巻いていたが最近はサンライン(SUNLINE) ベーシックFCをメインに使っている。結局高いラインでもトラブルは起こるのでそれなら安いラインを消耗品として常に巻き替えて使ったほうが効率がいいと感じている。
icon

ベイトリールの場合

ベイトリールでは重いルアーを使用することが多いため太いラインを巻く。

一般的に10ポンド~20ポンドくらいを使うが20ポンド~だと最近の浅溝リールでかなり少なくしか巻けないのでベイトリールでは14~16ポンドをおすすめする。どうしても太いラインを使いたければ型番の大きなリールを買おう。

ベイトリールだと太い糸が巻けるのでナイロンでもフロロでもいいがブッシュを打つなら絶対フロロにして欲しい。

ベイトリール用ラインおすすめ

特にこれがおすすめと言うのもは無いが私はサンヨーナイロン GT-R N-Spec HMを使っている。非常にしなやかで扱いやすい商品。ナイロンはよく巻き替えるので600メートル巻きというのも魅力。
icon

関連ページ

 -タックル

  こちらもおすすめです

基本的なバスルアーの種類とその特徴まとめ

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみ

リールはハイギアがいいのか?それともノーマルギアがいいのか?

こんなサイトにタイトルのような質問があったので記事にして答えることにする。 タックルについての疑問で

水面へ出よう!ボートやフローターの基本知識

バス釣りと言えばバスボート。 陸っぱりでも結構釣れるし陸っぱり専門でやっている川村光太郎プロや村上晴

バスタックルの基礎知識

バスタックルには、ベイトタックルとスピニングタックルがある。 このページではバスタックルの基本知識を

バスロッドの選び方とおすすめ

バスロッドの基礎知識 バスロッドにはベイトロッドとスピニングロッドがある。 ベイトリール用ロッドとス

バス釣り有用サイトまとめ

BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖のブラックバスに特化した動画サイト。新作ルアーの使い方動画などがどん

持っておきたいバス釣り役立ちアイテム

このページではより快適にバス釣りを行うために必要な役立ちアイテムを紹介していく。 色々できる必須アイ

ベイトフィネスの基礎知識

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

とにかく安い道具でバス釣りを始めたい場合

最近結構小遣いの少ない中高生に安くて釣れるルアーは何ですか? というような質問を多く貰うようになった

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム