バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

タックル 使い方

リールはハイギアがいいのか?それともノーマルギアがいいのか?

更新日:


こんなサイトにタイトルのような質問があったので記事にして答えることにする。

タックルについての疑問で多いのがロッドで「低弾性カーボン」か「高弾性カーボン」か?リールで「ハイギア」か「ノーマルギア(ローギア)」か?という疑問点。

今回はリールの話についてだが、はっきり言ってメーカーはハイギアモデルをラインナップに凄く増やしている。
売れるからだそうだ。
釣れるかどうかは別の話。

スポンサーリンク

ハイギアとローギア(ノーマルギア)はどう違う?

一般的なハイギアリールとノーマルギアリールの違いについて書くと、

ハイギアリールは、

  1. 手返しがいい。
  2. カバーに巻かれにくい。
  3. ビュンビュンミノーなどの高速巻きメソッドがやりやすい。

などのメリットがある。

上記のメリットを存分に使うことを考えると、
ワームなどによるカバー打ちなどの手数が勝負の釣りはハイギアリール。

魚が抵抗する前に一気に巻くことを考えるとピッチングなどのワームの釣りにはハイギアが非常に有利になると考えられる。
合わせを入れる時も一気に巻いて思い切り合わせを入れるワームの釣りには有利である。

高ギア比を利用して高速リトリーブをする釣り方がある。
ミノーの高速引きだ。

秋のシーズンなどで非常に有効な釣り方だがローギアでは見切られるくらいの高速リトリーブでないと食ってこない時があるのだがこういう時に高ギア比のリールが圧倒的に有利になる。というか高ギア比のリールでないとこの釣りが出来ない。

ノーマルギアは、

  1. 巻き心地が軽い。
  2. 一定速度で巻きやすい。
  3. ゆっくり巻ける。

などのメリットがある。

ノーマルギアのリールが有利な釣りは巻物

スピナーベイトなどの結構抵抗の大きい巻物に関して言えば、ギア比が5〜6くらいのリールでないと疲れるし、等速で巻き続けるのが難しい。
ディープクランクを巻く釣りなどでは釣れるか釣れないかはローギアリールを使ってるか使っていないかの違いになってくるほど重要なポイントとなる。

巻き心地もノーマルギアの方が軽くて気持ちいいので釣りの快適性は高い気がする。

ただ、ハイギアのリールでもゆっくり巻けるという人もいるし、ハイギアリールでスピナーベイトもワームも使うという人もいる。
使ってみて自分はどっちが快適に釣りが出来るか?

自分にあったタックルを使うのが一番釣れると思うのでひとまずハイギアのリールとノーマルギアのリールを1台づつ買ってみて使い比べてみればいいだろう。

金銭的に難しいようなら私はハイギアリールをおすすめする。

ハイギアリールの方がバス釣りには使う場面が多いし、技術次第でローギアモデルの使い方も可能だから。

-タックル, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.