色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。

フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中にルアーに食いつくことがよくある。
一言でフォーリングと言ってもフリーフォール、カーブフォール、バックスライドにスパイラルフォールと様々なフォールが存在し、使い方次第で釣果は大幅に変わってくる。

今回はそんな色々なフォーリングについての記事です。

スポンサーリンク

フリーフォール

フリーフォール
基本はフリーフォール。
ルアーを投げてそのまま糸を出し続けてルアーを沈めるとフリーフォールの状態になる。

テクニックとしては特に高度なテクニックなどはない。ただ沈めるだけのフォーリング。
あえて言うならスムーズにフリーフォールするようにラインがちゃんと出るように気をつけるくらい。

アタリはラインを見ていると底でもないのに急に止まったり、流れていないのに違う方向へ動いたり、底に付いているはずなのにラインが出続けるなど。フォーリングのアタリは基本的にわかりづらいことが多いので違和感を感じたら合わせてみるというのは重要。

カーブフォール

カーブフォール
フリーフォールの次に基本的なフォーリングテクニックがカーブフォール。

ルアーを投げたらラインを出さずにフォールさせるとカーブフォールになる。ロッドを使って更にフォールをカーブさせたり、少しずつ巻いてカーブさせるやり方もある。
中層にいる魚にルアーを見せる時間を増やすことが出来る他、フォール中のアタリがロッドに明確に伝わるので合わせやすい。

カーブフォールのテクニックとしてはロッドを徐々に立てながらフォールしている途中に急にロッドを倒しラインをたるませてフリーフォールさせるなどのテクニックがある。

ルアーを引いている途中にカーブフォールをおりまぜるなども効果的。

バックスライド

バックスライド解説
バックスライドはルアーの後方に重心のあるルアーを使い、フリーフォールでルアーを後方へ送り込むテクニック。

水の中でルアーの後方へスライドしていくので水面にカバーが有り、通常では送り込めないような場所にルアーを送り込むことが出来る。

このテクニックはワームで行うことが普通でジャッカル(JACKALL) カバークローなどのバックスライド用ワームが出ているのを使うか、ゲーリーのファット イカを逆付けして使うなどする。

カバーの奥の方に潜んでいる警戒心が薄いバスの目の前にルアーを送り込めるので非常に効果のあるテクニックの一つである。

バックスライド(逆)

バックスライドフォーリング足元バージョン
このテクニックはバックスライドを使って足元のエグレを狙うテクニックである。

通常ボートなどでカバーを打って行く時に使うのがバックスライドなのだが陸っぱりの場合、足元がえぐれている場所が多く存在する。

そんな足元のカバーの奥の奥を攻める時に使えるテクニックがバックスライド(逆)でバックスライドするワームを使うのは同じだが、足元のエグレを狙う場合は着水と同時にロッドを軽く煽ってワームの向きを180度変えて手前にワームが進むようにする。ちょっと練習すれば誰にでもできる裏ワザの一つである。

スパイラルフォール

スパイラルフォールイメージ
図を見てもらえばわかるが、ルアーを沈めると円を描くようにフォールしていくのがスパイラルフォールである。

やり方はスパイラルフォールするルアーを使って基本的にフリーフォールと同じようにラインを出しつづければスパイラルフォールになる。

スパイラルフォールしやすいルアーというのは鉄板系のバイブレーションやノーシンカーワーム、ジグヘッドを埋め込んだワーム(シンゾーベイトやチューブ等)などを使う。
ノーシンカーワームの場合、普通につけるとフリーフォールするがわざと曲げてつけるとスパイラルフォールするワームもあるので色々と試して欲しい。

スパイラルフォールの何がいいのかというとカーブフォールのように長い時間フォールしていくルアーを見せることが出来ることと、不規則に移動することでバスにルアーと見破られにくいという利点がある。

通常ルアーは人間側に近づく動きしかしないため警戒しているバスは見破ったりするがスパイラルフォールの場合人間から離れる動きも出来るため思わず口を使ってしまう事がある。

特にルアーを発見し、追跡してきたバスに対して有効で、リトリーブを止めてフォールさせると追いかけていたはずルアーが自分に向かってくるというイレギュラーから思わず口を使ってしまったりする。

色々なフォールまとめ

フォールについて紹介してみたがフォールと言ってもいろいろなフォールがある。

ブラックバスは時にフォールに対して非常に反応が良くなることがあり、横の動きには無反応なのにフォールにだけは口を使うという状況がある。
そんな時、色々なフォールを試すことで釣果を伸ばすことが出来るはずなので参考になれば幸いである。

 -ウラ技, ハードルアー, ワーム, 攻略法

  こちらもおすすめです

梅雨がきた!トップが一番熱い季節のバスの釣り方

梅雨と言えば多くの人が嫌がる季節。 ジメジメしてるし、洗濯物は乾かない・・・髪の毛も広がるし傘を毎日

リアクションで釣る方法

ブラックバスを釣る方法の基本的な技にリアクションで釣るという方法がある。 ブラックバスはお腹が空いて

ブルーギルの釣り方

ブルーギルとは? ブルーギルという魚は1960年に食用として移入されたサンフィッシュ科の魚で雑食性で

ワームを使う時のリグのセッティング方法まとめ

ワームの使い方の基本をまとめたページです。 ワームはハードルアーよりも動きがナチュラルで繊細な釣りが

虫パターン攻略法

セミや毛虫、芋虫、カナブン、トンボなど色々な虫がブラックバスの餌となり、春から秋にかけては虫も多く、

基本的なバスルアーの種類とその特徴まとめ

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみ

スモールマウスバスの釣り方

スモールマウスバスとラージマウスバスはどう違うのか? 実際釣ってみてかなり違うと感じたところを中心に

ビッグベイトの基本的な使い方

ビッグベイトとは巨大なルアーのことである。 一般的に20センチ以上もある巨大なルアーである場合が多く

クランクの使い方について

まずクランクというルアーがどういう目的で作られたルアーかを説明すると、クランクはとにかく中層にサスペ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム