激スレエリア攻略に効く提灯(ちょうちん)釣りについて

提灯のイメージ
バスフィッシングの裏技テクニックの中でもかなり釣れるテクニックが「提灯(チョウチン)釣り」というテクニック。
このページではチョウチン釣りについて紹介してく。

スポンサーリンク

提灯釣りの基本テクニック

提灯釣りはなぜ提灯釣りと呼ばれているかというと提灯を垂らすように釣るからである。
ちょうちん釣りイメージ
図を見てもらうとわかるがルアーを投げて引いてくるのではなく足元で上下、もしくはわざと木やストラクチャーに引っ掛けてぶらさげて上下に動かし水面を攻める。

図ではわかりやすいように木に引っ掛けているルアーも普通のルアーにしているが、回収する時に木に引っかかりにくいようなラバージグやフロッグ、ワームなどを使うのがよい。

この釣り方で重要な事はラインの存在がばれないように極力水中に沈めず、水面か水面直下辺りでルアーを動かすこと。
ラインが水を切らないのでバスが警戒心を持たずにルアーを食ってくる。

見えバスが近づいてきて食わない時は時々水面から上げて空中でホバリングするトンボをイメージさせてもよい。食えない状態を演出し焦らして食いたい気持ちを最高潮まで高めると次に水面に入れた瞬間食いついてくるパターンが多い。

そのポイントに魚がいなくても数分間波紋を作り続けていると色んな所から魚が集まってきて食いつくかもしれないので粘ってみるのも有効。

この釣りで注意することは足元で食ってきた場合、あせって即合わせをしがちだが一呼吸置いて持って行ってから合わせると乗りが良くなる。

あと、木やストラクチャーに引っ掛けて提灯をする場合はかけた後取り込めるかどうかも考えて提灯する必要がある。擦れに強いフロロカーボンラインを使うのはもちろん木に巻かれてもボートで近寄ってあげられるかどうかが重要。出来る限り太めのラインを使うことをおすすめする。

提灯釣りのメリット

提灯釣りのメリットはキャストが必要ないためキャストするスペースのないような場所でも釣ることができる事。例えばオーバーハングした木の中に入っていって一番奥で釣りをする時などには木から落ちてきた虫を演出したりできる。

あとはスレた場所やクリアすぎる釣り場で天才見えバスを狙う時にラインの存在がバスにばれないというのが非常に大きなメリットとなる。普通に巻いたり普通に落とし込んだりしても天才バスからしてみればラインの存在がバレバレで殆どの場合見切られる。

そんな時に回遊コース上の枝なんかにわざとワームを引っ掛けて上下に動かし波紋を作ると下からバスが飛び出してくる。バイトは強烈で焦るが慌てず重さを感じてから合わせるとヒットするだろう。

提灯釣りのまとめ

難攻不落のスレバス対策で私もよく使うのが提灯釣り。足元にポイントがある場合、最も効くテクニックの一つだと思われる。
わざと枝にルアーを引っ掛けるというテクニックはキャスト精度が物を言うので地道に頑張ってキャストの練習をしていこう。

偶然上手いこと引っかかった時はしばらくチャポンチャポンと提灯釣りしてみると意外と狙ってなかった魚がヒットするかもしれない^^

 -ウラ技, 使い方, 攻略法

  こちらもおすすめです

ビッグベイトの基本的な使い方

ビッグベイトとは巨大なルアーのことである。 一般的に20センチ以上もある巨大なルアーである場合が多く

超定番!おすすめルアー紹介

これまでに使ったルアー ブラックバスどんなルアーでも釣ることが出来る。あらいくんとかビッグバドとかこ

色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。 フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中

デカバスが一番釣れる季節!春バス攻略法

まず、なぜ一番デカバスが釣れるのか?色々とあると思うがまず重要なのがスポーニングというブラックバスの

ベイトフィネスの基礎知識

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

リールはハイギアがいいのか?それともノーマルギアがいいのか?

こんなサイトにタイトルのような質問があったので記事にして答えることにする。 タックルについての疑問で

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準 カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効く

ペンシルベイトの使い方

ペンシルベイトは魚に良く似たルアーで使い方はドッグウォークという首振りさせるアクションで誘う。 ロッ

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム