バスフィッシングのキャスティングあれこれ

バスフィッシングにおいて重要なのがキャスティング。

某バスフィッシング会の重鎮ジム氏曰く「俺がバス釣れるのは釣りがうまいからじゃねぇ!キャスティングが上手いからだ!」

キャストを磨けばバスがもっと釣れるようになるのは間違いない!
このページではバス釣りのキャスティングあれこれをまとめておく。

スポンサーリンク

キャストがうまくなる方法

キャストがうまくなる方法はひとつしか無い。
「練習する」のみだ。

大きな川とか大きな湖ばかりで釣りをしていると特殊なキャストがうまくならないのでおすすめは野池で釣りをすること。
そして藪こぎをしながら極めて限定された領域でキャストをしなければならない状況を重ねると必然的にキャストがうまくなる。

フィールドに通えないという人は空き缶を並べてそれに当てるという練習方法もおすすめする。大体5メートルぐらいの位置に的をおいて練習すればどんどんキャストがうまくなる。昔開催されたキャスティング大会の上位入賞者もこの方法でキャストの練習をしていたという非常に効果のある方法。
友達と一緒にゲーム形式でやると楽しくキャストが練習できておすすめだ。

基本的なキャスティング方法

キャスティングで重要なことは腕のパワーでルアーを投げないこと。初心者にありがちなミスなのだが竿の反発力を全く利用せずに力だけで投げようとしてしまっている。
これでは飛距離が出ない。出来るだけ瞬発力のみで投げることが重要となる。

野球ボールを投げるイメージで手首のスナップを活かし、ロッドの反発力を最大限まで高めることを心がけよう。
そのためには手首の可動域が非常に大切。間違ったロッドの持ち方は絶対にNG。しっかり持とう。

スピニングタックルは中指と薬指の間にリールフットが来るように持つのが正解。ベイトタックルはロッドに付いた出っ張り(トリガー)を人差し指と中指の間に入れて投げるのが正解。ベイトタックルはキャスト後持ち替えてトリガーを薬指と小指の間に来るように持って操作するのが正解。

キャストの種類

ここでバスフィッシングにおいて一般的に使われる基本的なキャスティング方法を紹介していく。
あくまで基本なので色々と応用して自分のキャストを作っていってほしい。

オーバーヘッドキャスト

初心者がまず覚えるべきキャスティング方法。
頭の真上をルアーが通過するようにして投げることでまっすぐ前にルアーを飛ばすことが可能。

ベイトリールを使うときはリールを横向きに持つこと。

サイドキャスト

サイドキャストは横投げ。利き手側に人がおらず障害物もない場合このキャストが可能。
メリットは弾道が低いため風の影響を受けづらいこと。向かい風などで有効。

バックハンドキャスト

利き手とは反対側からキャストする方法。利き手側に障害物がある場合などに使う。サイドキャストと同じく弾道が低いので向かい風に強い。

アンダーキャスト

サイドキャストよりも低い場所からルアーを投げるキャスティング方法。サイドキャストやバックハンドキャストよりもコンパクトにキャストできるので障害物が両側にある場合使用したりする。

フリップキャスト

ルアーを掴んで下から振り子のように投げる方法。省スペースで投げれて弾道も低く出来る。多少テクニックが必要。

スパイラルキャスト

フリップキャストの派生でロッドの先で円を描くように投げるキャスト。小さなスペースでも投げることの出来るキャストで手返しも良い。

フリッピング

ラインを掴み振り子の要領でポイントへルアーを送り込む方法。ポイントが非常に近い場所であるか、ボートなどで近寄れる時によく使う。極めてルアーをコントロールしやすく狙った場所へ一番うまく送り込めるキャスト。着水音も静寂なのでボート釣りなどでは多用される。

ピッチング

振り子の要領でルアーを送り込む投げ方。フリッピングと違いある程度飛距離が稼げるので狙いを定めやすい投げ方なので多用される投げ方。

ボーアンドアロー

利き手と逆の手でルアーを掴み、竿先を絞り込んで離すことで弓矢のようにルアーを飛ばすことが可能。周りを障害物で囲まれていてロッドを振るスペースがない特殊な状況で前方へ投げることが出来る。多少テクニックが必要。

スキッピング

スキッピングは水切りの容量で水面をはねさせて障害物の下へルアーを滑りこませる高度なキャスティング技術。
重要なことはキャスコンを閉めてクラッチを切ってもルアーが落ちないくらいメカニカルブレーキを閉めておくこと。そうするとバックラッシュが起こらないので大胆にルアーを投げることが可能。練習は必要だが頑張れば誰でもマスター出来る。

飛距離を伸ばすには

オカッパリの場合飛距離を伸ばすことは非常に重要な事である。タックルを良くするなどの方法で飛距離を伸ばせるがこのページはキャスティングについてのページなのでキャスティングテクニックで飛距離を伸ばす方法を紹介しよう。

飛距離を上げるコツとしてはまず、垂らしを長くすること。短めのロッドを使っているのなら長めのロッドを使ったのと同じくらいの飛距離になるだろう。30〜50センチほど垂らしを出して投げてみるとよい。

飛距離を上げるコツその2は空をめがけて投げること。着水点を見ながら投げると弾道が低くなりすぎて飛距離が伸びない。飛ばしたい方向の上空へ向けて投げると飛距離はアップするだろう。

 -ウラ技, 攻略法

  こちらもおすすめです

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻

ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準 カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効く

梅雨がきた!トップが一番熱い季節のバスの釣り方

梅雨と言えば多くの人が嫌がる季節。 ジメジメしてるし、洗濯物は乾かない・・・髪の毛も広がるし傘を毎日

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

バスが一番釣れるのはいつ?時合について

読者からのお便りでブラックバスはいつ釣れるの?ということなのでお答えする。 いつ釣れるのか?がわかっ

リアクションで釣る方法

ブラックバスを釣る方法の基本的な技にリアクションで釣るという方法がある。 ブラックバスはお腹が空いて

デカバスが一番釣れる季節!春バス攻略法

まず、なぜ一番デカバスが釣れるのか?色々とあると思うがまず重要なのがスポーニングというブラックバスの

バス釣り有用サイトまとめ

BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖のブラックバスに特化した動画サイト。新作ルアーの使い方動画などがどん

ブラックバスの居場所の見つけ方

ブラックバスの居場所は時期によって色々変わる。 季節によって変わる居場所を見つけるコツをこのページで

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム