バスが一番釣れるのはいつ?時合について

琵琶湖

読者からのお便りでブラックバスはいつ釣れるの?ということなのでお答えする。
いつ釣れるのか?がわかっていれば集中力も高められる。チャンスタイムがわかっていれば集中力も持続出来る!ということで今回はいつがそのチャンスタイムなのかを経験を交えながら書きたい。

スポンサーリンク

まず外せないのは朝マズメと呼ばれる時間帯

大体日の出の30分前から1時間後くらいまでが朝マズメ。

なぜ朝マズメが釣れるのか?
朝は魚が目覚める時間帯であるから。まぶたの無い魚は明るくなると目が覚める。目が覚めたらお腹が減る。ということで朝マズメは確実に食事タイムになる。一日で一番確実にスイッチの入る時間帯がこの朝マズメなのである。

次に熱い時間帯が夕マズメ

日没の1時間前くらいから日没30分後くらいまでの時間帯が夕マズメと呼ばれる時間帯。

この時間帯は光量が減っていくことにより魚の警戒心が薄れるとともにフィッシュイーターは闇にまぎれてベイトを追いやすくなる時間帯なので必然的に釣りやすくなる。

ただ、朝マズメに比べるとあまり激アツになることなく終わってしまうこともある。

バス釣りにおいて夕マズメが最高に釣れる時期が夏である。夏のバスフィッシングは夕マズメに集約されるという今江氏の名言もあるほど真夏の夕マズメは非常に釣れる。昼間は光量が強過ぎ、水温があがりすぎるため涼しくなる夕マズメに一日分のエサを食うからである。
有効なルアーはトップウォーターでポッパーなどが強い。

小バスイメージ

おやつの時間

朝マズメと夕マズメがスイッチの入りやすいよく釣れる時間帯であることを書いたがブラックバスにもおやつの時間というのがあるらしい。

私はかなりたくさんのバスを釣って来たのだがなぜかよく釣れる時間帯があることがわかった。
いつか?それは昼の2〜3時くらいのおやつ時なのである。
なぜなのだろう?朝食べてちょうど消化が終わるころなのだろうか?よくわからないが2〜3時くらいに釣れることがよくあるのでこの時間帯を釣れる時合の一つとしたい。

風が吹いたり雨が降ったり雲がかかったり・・・

急に風が吹き始めたり、雨が降って来たり、快晴の空が曇ったりするタイミングで魚が急にスイッチが入ることがよくある。
春の雨などは非常に有効で爆釣の引き金になるファクターである。
だから常に周囲の状況に目を配り、時合到来を見逃さないようにしなくてはならない。風とかは一瞬の時合で終わってしまうこともあるから。

急に濁りが入ったら時合到来と考えていい。濁りが全体に行き渡るまでが勝負だが濁り始めは魚の捕食のスイッチが入ることが多いのでチャンスタイムである。ルアーは何でもいいがバイブレーションやミノーなどが結果を出しやすい。

今回は時合というものについて書いたがいつどんなタイミングで時合が来るかはその時の状況次第な所もある。ベイトの群れが回って来たタイミングだったり、気圧の急激な変化だったり読めない時合もたくさんある。
たくさん経験を積んで時合をよんで釣りをすればもっと釣れるようになるだろう。

気圧の変化は気圧チェック機能付きの腕時計で確認!
PROTREK(プロトレック) 【国内正規品】 PRW-2500T-7JF
PROTREK(プロトレック) 【国内正規品】 PRW-2500T-7JF

急激に気圧が下がれば魚の浮き袋が膨らんで表層でエサを食う。テクノロジーと頭を使えばもっと釣れる。

 -攻略法

  こちらもおすすめです

川バス攻略

川バスの釣り方についてのページです。 川バスの魅力はなんと言ってもパワー!野池の虫しか食ってない魚に

でかいバスを釣る方法

ランカーと呼ばれるでかいブラックバスを釣る方法について紹介する。 ランカーの定義はあまり厳密にはわか

デカバスが一番釣れる季節!春バス攻略法

まず、なぜ一番デカバスが釣れるのか?色々とあると思うがまず重要なのがスポーニングというブラックバスの

リザーバ(ダム湖)攻略

ダム湖のことをリザーバというがこのリザーバというフィールドは中々攻め方がわからないことが多いと思う。

小さいブラックバスを釣る方法

通常は大きいブラックバスを釣りたいものだけれど、小さいブラックバスを釣りたい時の釣り方を紹介する。

ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準 カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効く

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

ルアーローテーションの基本

ルアーでブラックバスを釣る釣り方は、ルアーローテーションと呼ばれる釣りで成立する。 簡単に言うとルア

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム