梅雨がきた!トップが一番熱い季節のバスの釣り方

梅雨バスイメージ
梅雨と言えば多くの人が嫌がる季節。
ジメジメしてるし、洗濯物は乾かない・・・髪の毛も広がるし傘を毎日持ち歩かないといけない。

そんな梅雨を待ち望んでいる人間がバサーである。
梅雨時期のバス釣りを楽しみ尽くすための釣り方を今回は紹介する。

スポンサーリンク

なぜ梅雨が一番熱いのか?

バス釣り歴の短い人は梅雨がなぜそんなに熱いというのか理由がわからないかもしれないので説明しておくと、

1.アフター回復

スポーニングで体力を使ったバスはアフタースポーンという全然動かない時期を過ごす。全力で体力を回復させている状態なので基本的に動き回らないで縦のストラクチャーに身を寄せている。近くを通る弱った小魚やら虫やらを食って体力を回復させている。こういう魚はノーシンカーワームをナチュラルにフォールさせるとかしてネチネチとしつこく誘って食わせる釣りになる。
それが梅雨時期になると体力も戻って荒食いを始める。お腹もすいているし体力もある魚は非常に活発にエサを食う。だからファストムービングルアーで釣れるのだ。

2.低気圧停滞

低気圧だと魚の浮き袋は膨張する。だから勝手に魚のレンジが上がる。水面にベイトが上がり、バスもそのベイトを水面に追いつめて容易に捕食出来るので低気圧だと必然的に活性は上がる。

3.ローライト

曇り空だとまぶたの無い魚にとっては昼間でも自由に動き回れてストラクチャーの奥の奥に潜む必要も無いし、深い場所にじっとしている必要も無い。
自由にエサを追いかけ回せる天気が梅雨空。

4.適水温

夏のように高水温にならない梅雨時期は一日中バスの一番動きやすい適水温なので昼間でもベイトを追いやすい。

5.濁りで警戒心が減る

ババ濁りとかでは釣りづらいかもしれないがちょっとした濁りは警戒心を解いてくれるので釣りやすくなる。濁り始めや全体的に澄み始めたときがチャンス。

といったところが梅雨がバス釣りに適する理由。

梅雨シーズンのバスの釣り方

小さなバス(小バスがめちゃくちゃ釣れる時期でもある)

どうやって梅雨のバスを釣るのか?

ズバリ、「トップウォーター」である。
このシーズンは常にバスはトップで出る状態をキープしている。朝であろうが昼であろうが夕方であろうがトップに出る。なのでトップウォーターを投げ続ければいい。

トップウォーターでも色々あるのでどういう風に攻めていくかの一例を挙げると、

まず、バズベイトで面で探る。
高活性な場合はどこでも出る。ストラクチャとか関係ない。だからまずは面でどこにいるかを探ってみる。
本当に梅雨シーズンの最高の日に当たればボートで流し続けてひたすらバズベイトを使い続けても出続ける。20本や30本バズベイトで釣れるのは梅雨時期だけ。
バズベイトについてのページはこちら

ポッパーで活性をあげて寄せる。
ポッパーのスプラッシュとボコっという音はバスの捕食音に似ているため他の魚がつられてボイルし始めたりする。
少し活性が高くない状況でも活性をあげて音で寄せて釣ることが出来るのがポッパーというルアーの力。
非常に強いルアーなので頼れる。
ポッパーの使い方はこちら

気配がないならペンシル
水面が静かでトップに出るような雰囲気ではない時はペンシルで攻めてみる。ストラクチャー際などを通したりするといい。ルアー自体がエサっぽいのでスレ気味の魚でも自然に口を使う。
ペンシルの使い方はこちら

どうにもならない日はノーシンカーのワームでトップを演出
梅雨時でも今ひとつハードルアーなんかでは食いが渋くて出ても乗らないとかが頻発することがある。
そんな時に出番となるのがノーシンカーのワーム。

グラブのノーシンカーで水面を泳がせればグラビンバズと言うテクニックになる。通称ピロピロピーと言う奴である。これは恐ろしいほど魚に食わせる力がある。ただ、サイズが選べない上、しっぽだけちぎられたりするデメリットもある・・・。

イレギュラーダートを生み出すストレート系ワームの連続トウィッチはスイッチの入った魚にものすごく効く。

ボイルしているのにハードルアーでは食ってこない時にフォローで使ってみると威力を実感出来るだろう。素材が変わる前のトップガンやポパイのスウィーパースティックなどのワームでこのアクションが可能。

残念ながら廃盤なので今普通に買えるスラッゴーあたりで同じように連続トウィッチさせてみるといいかもしれない。

参考:スミス(SMITH LTD) スラッグゴー4インチ 4″SLUG-GO 01

その他、最近のルアーだとOSPのベントミノーなどもフォロー用として常備しておくといいかもしれない。

梅雨の釣り方を書いてみたがトップで釣りたいと思っている人にとって梅雨ほどベストなシーズンはないので雨でもなんでも釣りに行きまくって欲しい。

トップじゃなくても本当に一年で一番熱い季節なので是非とも梅雨のバスフィッシングに出かけて欲しい。

 -攻略法

  こちらもおすすめです

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

リアクションで釣る方法

ブラックバスを釣る方法の基本的な技にリアクションで釣るという方法がある。 ブラックバスはお腹が空いて

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

バスが一番釣れるのはいつ?時合について

読者からのお便りでブラックバスはいつ釣れるの?ということなのでお答えする。 いつ釣れるのか?がわかっ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

ブラックバスの居場所の見つけ方

ブラックバスの居場所は時期によって色々変わる。 季節によって変わる居場所を見つけるコツをこのページで

色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。 フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中

ストラクチャー攻略法

なぜストラクチャーを攻めるのか? まずなぜストラクチャーを攻めるのかから書いていくと、いくつかの理由

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム