リアクションで釣る方法

ブラックバスを釣る方法の基本的な技にリアクションで釣るという方法がある。

ブラックバスはお腹が空いている時に餌を食いたくて食ってくる他に、目の前に動くものがあるからとりあえず何も考えずに口に入れるという時がある。

その目の前に動くものがあるから反射的に食っちゃったという状況を生み出す釣り方がリアクションバイトの釣りなのである。

この釣り方ではエサを追い回していないニュートラルな魚を釣ったり、スレていてルアーを見破る魚を反射的に食わせたり出来るので見せて食わせる釣りと合わせることでよりたくさんのバスを釣ることができるようになる。

また、リアクションの釣りはハマると強い釣りで、デカイバスがガンガン食ってくる状況も生み出せ他の人が釣っていなくても入れ食いという状況もある。

今回はリアクションバイトで釣る釣り方について詳しく解説していく。

スポンサーリンク

リアクションさせるにはどうすればいいのか?

リアクションで食わせる方法というのは山ほどあり、基本的にはルアーにイレギュラーなアクションを生み出して食わせるのがリアクションバイトの釣りなのだがスローな釣りの中にもリアクションバイトはある。

まず一つ目は急に視界に入れるというリアクション。

岩陰などに潜んでいるバスの目の前にいきなりルアーが現れるようなコースでルアーを引いてくるとリアクションバイトを誘うことが出来る。
他にも表層を意識しながら浮いているバスの近くにルアーを着水させるとリアクションで食ってくることがある。

2つ目はロッドアクションなどでルアーにイレギュラーなアクションを付ける方法。

ミノーやノーシンカーワームなどジャークによって大きくバランスを崩すルアーをダートさせる方法が一般的であるがクランクやバイブレーションなどでもイレギュラーアクションは有効でストラクチャーを通過する瞬間に一瞬ラインを緩めるとかロッドアクションを入れるなどでルアーにイレギュラーを起こさせる。あまりやる気なくルアーについてきたバスがその瞬間食ってしまったりすることがよくある。
一般的にリアクションの釣りとは無関係そうなルアーでもジャークを時々入れてみるのは意外と釣れる。

ルアーをイレギュラーダートさせるポイントはラインスラッグ(たるみ)を上手く使うこと。ロッドアクションを入れた時は必ずロッドを戻し、ラインスラッグを出してやる。ラインがたるむことでルアーは上下左右自由にジャンプするのである。

3つ目は故意にルアーを障害物へコンタクトさせてイレギュラーさせる方法。

テトラポットなどのハードなストラクチャーに根がかりしづらいクランクベイトなどを当てながら引くという釣り方によりわざとイレギュラーアクションを引き起こしてリアクションバイトさせる釣りは非常によく釣れる釣り方である。

また、バイブレーションをパラパラとウィードが生えたエリアで引き、わざとウィードに引っ掛けて外すという釣り方も非常によく釣れるリアクションの釣り。

護岸や垂直岩盤エリアでその護岸にルアーをコンタクトさせるためにアイチューン(ラインを結ぶ部位を曲げること)を行いわざと右曲がり・左曲がりにルアーを改造してしまうやり方もある。
似た方法で元々右曲がり、左曲がりのあるバズベイトを護岸や杭などのストラクチャーにわざとコンタクトさせる方法は一般的に使われる釣り方の一つ。カツン!という甲高いブレードの接触音でスイッチが入るバスもいる。

リアクションの釣りまとめ

リアクションの釣りはブラックバスを狂わせて釣る釣り方でありバス釣りの醍醐味の一つだと思ってる。
私はリアクションの釣りを得意としているが今までなんの反応もなかった魚がいきなり食ってくるシーンを見たりする大興奮の釣りの一つでありほんとうに楽しい。

魚を狂わせるルアーの動かし方は中々難しくそう簡単にはマスターできないと思うが上手くルアーの性質を掴んで最高の動きを生み出せた時、ガツン!とバイトするだろう。

 -攻略法

  こちらもおすすめです

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

激スレエリア攻略に効く提灯(ちょうちん)釣りについて

バスフィッシングの裏技テクニックの中でもかなり釣れるテクニックが「提灯(チョウチン)釣り」というテク

デカバスが一番釣れる季節!春バス攻略法

まず、なぜ一番デカバスが釣れるのか?色々とあると思うがまず重要なのがスポーニングというブラックバスの

虫パターン攻略法

セミや毛虫、芋虫、カナブン、トンボなど色々な虫がブラックバスの餌となり、春から秋にかけては虫も多く、

ブルーギルの釣り方

ブルーギルとは? ブルーギルという魚は1960年に食用として移入されたサンフィッシュ科の魚で雑食性で

野池について

野池と言うのは利水の為に作られた池のことで農業組合が管理している池のことである。 野池で釣るブラック

バス釣り有用サイトまとめ

BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖のブラックバスに特化した動画サイト。新作ルアーの使い方動画などがどん

色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。 フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中

スモールマウスバスの釣り方

スモールマウスバスとラージマウスバスはどう違うのか? 実際釣ってみてかなり違うと感じたところを中心に

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム