ブラックバスの居場所の見つけ方

ブラックバス
ブラックバスの居場所は時期によって色々変わる。
季節によって変わる居場所を見つけるコツをこのページで紹介する。

スポンサーリンク

春はシャローを狙え

は、スポーニングという産卵時期なので浅いところにいる。

2~3月の早春はまだ水温が上がりきらないので深い場所に近い浅場に上がってきたりまた深いところに戻ったりしてる。なのでブレイク沿いを攻める。

4月になるとぽかぽかした日にはトップに出るほどシャローに居場所を移している。プリスポーンの荒食いの季節なので手っ取り早くスピナーベイトなどで探ると見つけやすい。

5月ごろになるとシャローで卵を守るオスのブラックバスが見えるようになる。大きなサイズのメスは2回目、3回目の産卵に向けてシャローとディープの間付近をうろうろしている。

夏は涼しいところを狙え

は、水温が上昇しすぎるので日陰とかちょっと深いところとかにいる。

初夏は、産卵で失った体力を回復しようとアフタースポーンのバスが荒食いをしているので釣りやすい。この時期は体力が無いので立ち木などの身を寄せることの出来る垂直なストラクチャーに寄り添いながら目の前を通る魚を狙っている。
水温は最適温であるためトップウォーターによく反応する。

真夏になってくると水温が少しでも低いところへ移動する。

水深のある場所ではサーモクラインと呼ばれる水温の変わる層の近辺にサスペンドしていることが多い。

同じく水温の低い木の陰の奥に身を潜めていたり、流れ込みのような水の動く場所に定位している。攻めるのは難しいが魚は密集しているので狙いやすい。

定位したバスはあまり動かないのでワームで狙うのが確実。木のオーバーハング下場所では虫が落ちてくるのを待っているのでトップをうまく奥へ入れると良く釣れる。

秋はどこにでもいる

は、広範囲に散る。

水温もちょうど良くベイトもどこにでもいるので場所は絞りにくい。

ただ、冬に向けて荒食いする季節であるため非常に釣りやすい
こういう時期は広範囲を狙うことの出来るファーストムービング系のスピナーベイト、クランクベイト、バイブレーションが効果的。

回遊ポイントであるルートを見つけると数釣りが可能。リバーチャンネルやミオ筋などを狙うと良い。

冬は温かい場所か、水温が安定する深場

は、通常ディープエリアを狙うのが基本。

この時期のブラックバスはあまり動かず体力を温存している。一番水温が安定するディープエリアに集合する。なぜか?水と言う物質は4度で一番体積が小さくなり重くなる。だから外がマイナスでもディープエリアは4度で安定するのである。

ただし、深場にいる魚は活性が低いので釣りにくい。水温が低いにもかかわらず浅場でエサを食うような魚を狙う方が効率が良い。

他、場所によっては温排水の流れこむ河川などがあり、そういった場所では冬でもかなり活性が高く釣りやすい。

一日の居場所の移動

上記は季節の移動の話であったが、一日でもバスの居場所はかなり変わる。

大体朝一は活性が高く一日で一番エサを追う時間帯。こういう魚はシャローでベイトを追う。ただ、ベイトの有無が重要でベイトがいなければ全く反応がないこともある。

昼間は春や秋などのいい時期でなければ魚をあまり追わない。スローな魚はエサを追わずに中層でサスペンドしている。
冬の夕方は水温が上がるので魚が動く。夏の夕方も水温が下がるので魚が動く。夕方はシャローに上がってくるのを待つのが良い。

 -攻略法

  こちらもおすすめです

バス釣り有用サイトまとめ

BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖のブラックバスに特化した動画サイト。新作ルアーの使い方動画などがどん

川バス攻略

川バスの釣り方についてのページです。 川バスの魅力はなんと言ってもパワー!野池の虫しか食ってない魚に

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

デカバスが一番釣れる季節!春バス攻略法

まず、なぜ一番デカバスが釣れるのか?色々とあると思うがまず重要なのがスポーニングというブラックバスの

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ルアーローテーションの基本

ルアーでブラックバスを釣る釣り方は、ルアーローテーションと呼ばれる釣りで成立する。 簡単に言うとルア

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

激スレエリア攻略に効く提灯(ちょうちん)釣りについて

バスフィッシングの裏技テクニックの中でもかなり釣れるテクニックが「提灯(チョウチン)釣り」というテク

リザーバ(ダム湖)攻略

ダム湖のことをリザーバというがこのリザーバというフィールドは中々攻め方がわからないことが多いと思う。

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム