ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準

カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効くカラーが全く変わってくる。

季節で変わる当たりカラー

季節であるが春先、ブラックバスはスポーニングと呼ばれる産卵期を迎える。この時期に効くカラーが赤系のカラーである。
ザリガニを食べて栄養を補給すると言われているがとにかく赤がセオリー。

春は赤系以外にワカサギパターンというものが存在する。
ハイランドレイクと呼ばれる富士五湖などではワカサギがメインベイトであることが多く、春は特にワカサギも浅場で産卵を迎えることもありバスの格好のエサになる。
ワカサギカラーのミノーがはまった時にはでかバスの入れ食いを体験できるのでワカサギがメインベイトの釣り場に行く時はかならず持っていきたい。

ちなみに春の寒暖の大きい時期はシャッドキルウェザーと呼ばれ弱いワカサギは死んでしまう。弱ったワカサギのアクションで攻めるとより釣れるだろう。亀山ダムなどでは水面にノーシンカーのフラッシュJを浮かべて流したり、シェイクしてピクピクさせる技が有名。

あと季節的に重要なカラーは秋の鮎カラーである。
秋になると産卵のために卵を抱えた美味しいアユが川を下るためアユがベイトとして成立する場所ではアユカラーが絶大に効く。

特に落ち鮎カラーという錆色をしたアユカラーは非常に有効で浮かべて流すだけでヒットするほど。
川バス狙いのときや琵琶湖の様な鮎がたくさんいるが場所ではでは持っておく方がいいだろう。

次は天気である。

光量が足りない天気、例えば曇りや雨の日には目立つ色がいい。
こういう天気の場合はかなり警戒心が薄れるためでそういう場合は手っ取り早くルアーを見つけてもらうことに重点を置いたカラー選びが重要。

白とかチャートとかの膨張色がいい。
メッキ系のカラーだとシルバーよりもゴールドカラーがいい。
シルバー系のルアーしかない人は黄色いマジックでぬればゴールド系になるのでおすすめ

晴れの日に関しては出来る限りシルエットのはっきりしないカラーがいい。
ゴースト系のカラーがナチュラルで見切られにくい。リアクションで狙う時も出来る限りナチュラルなシルバー系を使うと警戒し辛い。

あとカラー選びで重要なのが水の色。

水の色がクリアである場合は見破られない様に出来る限りナチュラルなカラーを選択する。

例えばワカサギカラーやアユカラーなどは万能なナチュラル系カラー。
オイカワカラーなども全国的に有効なカラーである。他、そのフィールドにたくさんいるベイトに合わせたカラーチョイスがよい。
ブルーギルカラーなども万能。

逆にマッディー系の水の色の場合は膨張色で目立たせるのがセオリー。
例えばマット系のチャートはマッディー系の水色の鉄板カラー。
なぜつや消しのマット系なのか?それはツヤありだと一つの方向にしかアピールできないから。マット系だと水中では光がいろんな方向に反射出来るのでよりアピール力が高いのである。
マッディーな水色の場所は保護色が白っぽい色になるのでナチュラルな色が白になる。パール系のルアーに実績が高い。急な濁りが出た時は白をお勧めする。

他、あまりやらないが夜釣りの場合はシルエットがはっきりするカラーがいい。
ただ、割とバスは夜でも色が見えているようなので水がクリアな場所ではナチュラル系が無難。

 -ハードルアー, 攻略法

釣具のナチュラムが決算・歳末セール実施中! icon

  こちらもおすすめです

虫イメージ

虫パターン攻略法

セミや毛虫、芋虫、カナブン、トンボなど色々な虫がブラックバスの餌となり、春から秋にかけては虫も多く、

ダム湖・リザーバーイメージ

リザーバ(ダム湖)攻略

ダム湖のことをリザーバというがこのリザーバというフィールドは中々攻め方がわからないことが多いと思う。

ブラックバスイメージ

ビッグベイトの基本的な使い方

ビッグベイトとは巨大なルアーのことである。 一般的に20センチ以上もある巨大なルアーである場合が多く

バックスライドフォーリング足元バージョン

色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。 フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中

スピナーで釣れたスモールマウスバス

スモールマウスバスの釣り方

スモールマウスバスとラージマウスバスはどう違うのか? 実際釣ってみてかなり違うと感じたところを中心に

見えバス攻略イメージ

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

bassルアー

ルアーローテーションの基本

ルアーでブラックバスを釣る釣り方は、ルアーローテーションと呼ばれる釣りで成立する。 簡単に言うとルア

ブルーギル

ブルーギルの釣り方

ブルーギルとは? ブルーギルという魚は1960年に食用として移入されたサンフィッシュ科の魚で雑食性で

時計

バスが一番釣れるのはいつ?時合について

読者からのお便りでブラックバスはいつ釣れるの?ということなのでお答えする。 いつ釣れるのか?がわかっ

ザリガニイメージ

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬バスイメージ
冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋バス画像
秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏バスイメージ
夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

スピナーベイトイメージ
ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

ラインイメージ
バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ザリガニイメージ
ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

切り札
困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワッキーリグ
ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム