リザーバ(ダム湖)攻略

ダム湖のことをリザーバというがこのリザーバというフィールドは中々攻め方がわからないことが多いと思う。
私も初めてダムに浮かんだ時はどこを狙えばよいのかわけがわからなくなりまぐれで釣れた1匹しか釣れなかった。
でも釣り方さえわかれば良く釣れる素晴らしいフィールドであるリザーバ攻略法をご紹介。

リザーバの攻めるべきポイント

1.岸際

基本中の基本であるが、ダム湖は利水の為の場所であるため急に深くなっている。
ダムというフィールドはほとんど全体的に深いフィールドなのだ。

10メートル、20メートルもある場所でバスを的確に探す技術(魚探)などがあって、中層にサスペンドしている魚を確実にしとめる技術があれば深い場所を狙ってもいいがプロ級の技術力が必要・・・。

一番簡単にバスを釣る事が出来る場所が岸際のバスなのである。
ベイトフィッシュのエサであるプランクトンは光合成で成長するために水面近くを浮遊する。ベイトフィッシュも水面へ集まり、そのベイトを追うバスもシャローに上がってくる。
エサを追うバスのいる層はどんなに深いダムであっても2~3メートルまでであることが多い。

それに岸際にはバスの身を潜めるストラクチャーが多い。魚探でしか見ることの出来ない水中のストラクチャーを狙うよりこういうストラクチャーを打っていった方が効率よく魚を拾うことが出来る。
もちろん水中のストラクチャーを的確に攻めることが出来ればもっとたくさん釣る事が出来るが基本的に目に見えるストラクチャーを狙うほうが簡単。

広大なリザーバで効率よく釣りを展開する基本は岸際を攻めること。

2.インレット(流れ込み)

インレットと呼ばれるちょっとした流れ込みがあればそこは必ず狙うべき場所。
流れ込みには酸素が多いので活性の高い魚がいる可能性が高い。
流れてきたゴミがストラクチャーを形成している場合もあり、一級ポイントである。特に雨後に水量が増し濁りが入るとスイッチが入ることもある。

釣り方は流れてきた魚をイメージしてトップウォーターを流すか、ワームを沈める。流れに乗せてナチュラルドリフトさせているとラインが走るだろう。

3.ワンド

ワンドと言うのは入り江のようになった場所のことで流れは緩いがスポーニング時期には産卵場所となるので絶対に外せない好スポットになる。
水深の浅いワンドはベイトを追い詰めるフィーディングエリアになりやすいのでスポーニング以外の時期も忘れずにチェック。

4.岬

岬はベイトの通り道になるので常に活性の高いバスが溜まりやすい場所。
狙い方はファストムービング系ルアーのスピナーベイトやクランク、トップウォーターなどを岸沿いに引いてくるとドン!と来る。
特に夏場は水通しもいい場所なので必ずチェックしたい場所である。

5.バックウォーター

バックウォーターと言うのはそのダムに注ぎ込むメインリバーのことでダムの最上流部のこと。
一番水の動くエリアであるため、一番元気な魚がいる。ベイトも豊富で夏場は溶存酸素も多いのでよく釣れるエリア。
釣り方は何でも釣れるが、基本的に水がクリアで浅い場合が多いのでサイトで狙い撃ちしたりするのがよい。ワームやミノーといった見切られにくいルアーが強い。

6.リバーチャンネル

リバーチャンネルはダムが出来る前、川筋を形成していた場所のことでリバーチャンネルを通って魚は動く。
そのため、魚の活性が高く動くシーズンである初夏から秋に回遊するバスが釣れる。
特に秋は回遊ルートを見つけると数もサイズも狙える。
ただ、地形や魚探、古地図などを駆使しないと正確な位置が掴みづらいため難しい場所。

その他

その他のリザーバのポイントは立ち木、スタンプ(切り株)、オーバーハング、ダムサイトなどがあるが基本的にバスは何十メートルの水深があったとしても大体水深5メートルくらいまでに集中して生息していると考えた方が釣れる。リザーバの釣り方がわからない人は魚探に映った8メートルラインのベイトの群れをドラッキングで狙うより岸際にラバージグを打ち続けたほうが確実に拾える。

 -攻略法

釣具のナチュラムが決算・歳末セール実施中! icon

  こちらもおすすめです

ストラクチャーイメージ

ストラクチャー攻略法

なぜストラクチャーを攻めるのか? まずなぜストラクチャーを攻めるのかから書いていくと、いくつかの理由

ブルーギル

ブルーギルの釣り方

ブルーギルとは? ブルーギルという魚は1960年に食用として移入されたサンフィッシュ科の魚で雑食性で

夏バスイメージ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

IMG_8293

野池について

野池と言うのは利水の為に作られた池のことで農業組合が管理している池のことである。 野池で釣るブラック

冬バスイメージ

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

デカバス攻略イメージ

でかいバスを釣る方法

ランカーと呼ばれるでかいブラックバスを釣る方法について紹介する。 ランカーの定義はあまり厳密にはわか

見えバス攻略イメージ

バスのサイトフィッシング(見えバス攻略法)

見えバスというのはその名の通り目で見えているブラックバスのこと。 この見えバスというのが結構厄介で、

秋バス画像

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

時計

バスが一番釣れるのはいつ?時合について

読者からのお便りでブラックバスはいつ釣れるの?ということなのでお答えする。 いつ釣れるのか?がわかっ

ハードルアーイメージ

ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準 カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効く

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬バスイメージ
冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋バス画像
秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏バスイメージ
夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

スピナーベイトイメージ
ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

ラインイメージ
バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ザリガニイメージ
ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

切り札
困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワッキーリグ
ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム