バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方 攻略法

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

更新日:

バイブレーションイメージ
アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻めることのできるルアーである。

ボディーの中に「ラトル」と言う鉄やブラスやガラスで出来た玉が入っていることがあり、非常に大きな音で広範囲の魚を誘うことが出来る。

そして、重量があるため飛距離は抜群であり、速く沈み、低速から高速まで安定感のある動きの出せるルアーである。

スポンサーリンク

バイブレーションプラグの使い方

動かし方であるがこのルアーは基本的にただ巻きで釣れるルアーである。

シンキングタイプはカウントダウンさせて上から順に攻めていけばよい。
カウントダウンイメージ

テクニックをあげるとすればストップアンドゴーと呼ばれる止めを入れるアクション。

竿を一気に立てて竿を戻しながら糸フケを巻き取るという方法もストップアンドゴーの一種であるがよく使う。

特殊な使い方としては足元のバスを狙ってリフトアンドフォールさせるとリアクションバイトしてくることもある。

リアクションバイトつながりで言うと伸びかけた水草にわざと引っ掛けて引きちぎることでイレギュラーなアクションを出すテクニックも使えるルアーである。

バイブレーションを使う場所

オープンな場所イメージ
使用する場所としては基本的にオープンなエリア。

広大なウィードエリアなど広く魚が散ってしまってどこにいるのかわかり辛い時や、朝夕まずめなどの高活性時に効率よく魚を拾っていくことが出来る。

根がかりに弱いのでストラクチャーは攻めづらいが、大きな岩の沈む場所や護岸沿いなどそれほど根掛からない場所では積極的に使っていく。

岬などの活性が高いバスがサスペンドするような場所での実績は高い。

その他オカッパリでは遠投性の高さから沖にブレイクがあるところなどでも活躍する。

バイブレーションを使う上での注意点

根掛かりに注意

上にも挙げたがまずは根掛かりやすさ。とにかく根掛かりには非常に弱いのでストラクチャーが見えている場所では使わないほうが良いだろう。

シンキングタイプのバイブレーションの場合、底につくのがとても速く底が根掛かりしやすい場所だと確実に引っかかるので浅い場所などではサスペンドタイプ(SP)のバイブレーションなど軽いタイプを使うようにするとよい。

バラシに注意

バイブレーションは自重があるのでエラ洗いなどではかなり簡単にバラしてしまうことが多い。重要なのは前と後ろの両方のフックをきっちりとフッキングすることで2カ所でかかれば固定されて暴れても外れづらくなる。

あとはロッドを立てずに寝かせてエラ洗いを極力防ぐと良い。

バイブレーションの活躍するシーズン

使用するシーズンはオールシーズン使えるルアーであるが、特に秋から冬にかけての荒食いのシーズンには広範囲を狙えるというメリットを存分に発揮して、数もサイズも狙えるルアーになる。

バイブレーションの波動が低活性時に非常に強く、真冬でも釣れる数少ないルアーである。
鉄板バイブレーション
特に冬は鉄板系バイブレーションが活躍するシーズンであるためタックルボックスに必ず入れておくべきルアーである。

バイブレーションを改造して使う

改造方法を紹介すると、このルアーは実は後ろのフックでかかることがほとんどないルアーなので後ろのフックを外し、スピナーベイトのブレードをつけてみるなど。

根がかりが激しいときなどはダブルフックに変更すると根がかりづらくなる。

オススメバイブレーション

iconダイワ(Daiwa)
T.D.バイブレーション

釣れるバイブレーションとして定番アイテム化しているのがこのバイブレーション。25年以上も定番商品として売れ続けて結果を残し続けている名作中名作。
icon

エバーグリーン(EVERGREEN) リトルマックス

元祖和製鉄板バイブレーション。誕生から今まで使い続けてこられたのは実績が高いから。

icon
issei ザリバイブJr

村上晴彦氏の作ったザリバイブ。見た目はザリガニだが特にザリガニを意識しないでも十分釣れる。春先のリフトアンドフォールに特にこだわった設計になっており実績も高い。
icon
iconジャッカル(JACKALL)TN70
外側にウェイトがむき出しになっているのが特徴のバイブレーションで非常に飛距離があり実績も高く人気の高いルアーとなっている。
icon

バイブレーションの基本的な使い方まとめ

バイブレーションは非常に単純な使い方で誰にでも使えてそれでいて釣果は抜群であり超大物もよく釣れている。

浅い場所で使うと根掛かりしやすいのが残念なところであるがオープンな場所で広く探っていく時や冬の低活性時期にリアクションで釣っていく時には大活躍するので使いこなしていきたいルアーである。

アピール力が強いので水が急に濁った時などにおすすめ。

【秋!本番突入セール】釣具のECナチュラム icon

【釣り用の車を買おう!】
●毎日約500台入荷
●約6,000台の豊富な在庫から選べる

1

バスタックルには、ベイトタックルとスピニングタックルがある。 このページではバスタックルの基本知識を紹介していく。 ベイトタックルについて ベイトタックルは両軸受けリールとも呼ばれるリールを使用したタ ...

2

世の中には非常にたくさんのルアーが発売されていて玉石混交であり有象無象の世界となっているためどれを買えばいいのか初心者の方にはとても選びづらいと感じます。 このページではバスフィッシング歴20年以上の ...

3

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみる。 色々なルアーがあるが、適材適所でそのルアーにあった使い方をしてこそ最もポテンシャルを発揮出来る ...

-ルアー, 使い方, 攻略法

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.