バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方

スピナーベイトの使い方

更新日:

ブラックバスの釣り方イメージ
このルアーの特徴はブレードによって魚を寄せる力が強いのと根がかり回避能力の高いところがこのルアーの特徴で魚の居場所を探す時に使うことが多い

スポンサーリンク

スピナーベイトの基本知識

ブレード形状は、ひし形に長いウィローリーフと真円に近いコロラドブレードが一般的。
ウィローリーフは巻き抵抗が少なくフラッシングで誘うことができる。コロラドは非常に水を押す力が強いので巻き抵抗は重いものの魚を寄せる力は強い。マッディウォーターではコロラドが効く。

シングルコロラド
最も波動の大きいスピナーベイト。魚を寄せる力は強いが引き抵抗も強いので流れのあるポイントでは使いづらい。フォールでもブレードが回転しやすいことからフォーリングで使うことも多い。

シングルウィロー
シングルコロラドよりも巻き抵抗が少ないため扱いやすいタイプ。シンプルな構造のため立ち上がりもよく、竿を立ててバジングやガーグリングなどには持ってこいのタイプ。

タンデムウィロー
非常によく使われるタイプ。キラメキ倍増で波動も少し欲しい時などに使う。

ダブルコロラド
あまり使われないタイプ。水流が打ち消し合いコロラドよりもバイブレーションが少し弱いが扱いやすさは増す。

ダブルウィロー
このタイプはキラメキを重視したタイプで引き抵抗は弱く扱いやすい。波動は弱めなので濁った場所では少し威力が落ちる。

ブレードの素材はアルミやプラスチックや鉄があるが、一般的には鉄が使われる。アルミのハイドロブレードは効く時は無敵の強さを見せるブレード。

トレーラーはつけてもつけなくても良いがつけるとすると、グラブかピンテールのワームがおすすめ。

トレーラーフックはショートバイトが連発する時はつけたほうが良いが、根掛り回避能力が損なわれるため状況によってつけるかつけないかは見極めが必要。

基本的な使い方

使い方は単純明快なただ巻き
基本的には中速で巻くルアー。

テクニックとして、根掛かりし辛いのでわざと立木にぶつかるように引いてきてバランスを崩させることもできる。

また、水面直下を高速で巻いてくるガーグリングや水面からブレードが飛び出す様な巻き方をするバジングというテクニックもあり夏場は非常に有効なテクニック。
トップにできらない状況で拾える釣り方。

逆に浮き上がらせないでディープエリアを巻き続けるスローローリングと呼ばれるテクニックがある。
浮き上がりにくい4分の3オンス以上のスピナーベイトを使うとやり易い。

-ルアー, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.