バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方

スピナーベイトの使い方

更新日:

ブラックバスの釣り方イメージ
このルアーの特徴はブレードによって魚を寄せる力が強いのと根がかり回避能力の高いところがこのルアーの特徴で魚の居場所を探す時に使うことが多い

スポンサーリンク

スピナーベイトの基本知識

ブレード形状は、ひし形に長いウィローリーフと真円に近いコロラドブレードが一般的。
ウィローリーフは巻き抵抗が少なくフラッシングで誘うことができる。コロラドは非常に水を押す力が強いので巻き抵抗は重いものの魚を寄せる力は強い。マッディウォーターではコロラドが効く。

シングルコロラド
最も波動の大きいスピナーベイト。魚を寄せる力は強いが引き抵抗も強いので流れのあるポイントでは使いづらい。フォールでもブレードが回転しやすいことからフォーリングで使うことも多い。

シングルウィロー
シングルコロラドよりも巻き抵抗が少ないため扱いやすいタイプ。シンプルな構造のため立ち上がりもよく、竿を立ててバジングやガーグリングなどには持ってこいのタイプ。

タンデムウィロー
非常によく使われるタイプ。キラメキ倍増で波動も少し欲しい時などに使う。

ダブルコロラド
あまり使われないタイプ。水流が打ち消し合いコロラドよりもバイブレーションが少し弱いが扱いやすさは増す。

ダブルウィロー
このタイプはキラメキを重視したタイプで引き抵抗は弱く扱いやすい。波動は弱めなので濁った場所では少し威力が落ちる。

ブレードの素材はプラスチックなどもがあるが、一般的には金属が使われる。

トレーラーについて

ラバージグなどのようにスピナーベイトにもワームを取り付ける場合がある。
トレーラーはアピール力を高める効果と安定性を上げる効果がある。

これに関しては好みの問題で多くのプロがつけないで釣りをしているところを見ると付ける必要性があまりないと考えられる。私も基本的に装着することはない。

トレーラーフックはショートバイトが連発する時はつけたほうが良いが、根掛り回避能力が損なわれるため状況によってつけるかつけないかは見極めが必要。

by カエレバ

ヘッドの形状について

スピナーベイトのヘッドは魚の頭のデザインだったり、ただ塗装されているだけだったりする。

ヘッドは水を受ける場所なので形状は非常に重要で水を受けやすい形だと浮き上がりやすく水の抵抗を受けにくいデザインなら速巻きでも安定して一定層を泳ぐ。

リアルな魚のデザインが良いのか?それとも普通の鉛に塗装でいいのか?に関しては好みの問題。VフラットやD−SPIKERのように何も魚っぽくなくてもよく釣れるスピナーベイトは存在する。

ブレードのカラーについて

基本的にアピール度の高い順に並べると、
金>銀>銅>ブラック系

基本は濁り気味の場合はゴールド系でクリアならシルバー系というイメージで使う。その他の色は状況によって使い分けると良いが初心者はゴールドとシルバーで良いだろう。

スカートのカラーであるがこれに関しては白、チャート、リアル系(ブルーやクリア、黒など)と最近は細分化されているので状況によって変えるのが良いが基本は白かチャート。

重さについて

最近はいろいろな重さのスピナーベイトがあるが基本は野池など小さく浅いフィールドでは8分の3オンス、ダム湖や琵琶湖などの大きく深い場所では2分の1オンスを使うことが多い。

もちろん状況によってはもっと軽い4分の1オンスが必要だったり更に重い4分の3オンスが必要だったりするが基本は上の2種類でだいたい対応出来る。

基本的な使い方

使い方は単純明快なただ巻き

基本的には中速で巻くルアー。
状況によって低速、高速と巻く速さを変えて攻めることが出来る。

テクニックとして、根掛かりし辛いのでわざと立木にぶつかるように引いてきてバランスを崩させることもできる。

また、水面直下を高速で巻いてくるガーグリングや水面からブレードが飛び出す様な巻き方をするバジングというテクニックもあり夏場は非常に有効なテクニック。
トップに出きらない状況で拾える釣り方。

逆に浮き上がらせないでディープエリアを巻き続けるスローローリングと呼ばれるテクニックがある。
浮き上がりにくい4分の3オンス以上のスピナーベイトを使うとやり易い。

おすすめスピナーベイト

by カエレバ

アメリカで活躍するバスプロ清水盛三氏が生み出した名作スピナーベイト。ワイヤーが細いことで振動が強く他のスピナーベイトでは釣れな魚を釣ることの出来るルアー。ひとつは持っておきたいスピナーベイト。

by カエレバ

青木大介氏の生み出したワイヤー連結式のスピナーベイト。ブレード形状も特殊で他のスピナーベイトに無い波動を生み出すルアー。実績も高い。

by カエレバ

メガバスの名作スピナーベイトで誕生から20年以上経って尚使い続けている。マイナーチェンジが繰り返されているので初代と今のものは全く別物であるがどれも使いやすくスピナーベイトの基本系で初心者には特におすすめしたいスピナーベイトとなっている。浮き上がりがよく根掛かりしづらいのが特徴。

by カエレバ

スーパーイラプションは私が今一番使っているスピナーベイトでサーチベイトとしての利用が多い。思い通りの動きをしてくれて操作性に優れるルアー。丈夫にできているのもありがたい。

1

バスタックルには、ベイトタックルとスピニングタックルがある。 このページではバスタックルの基本知識を紹介していく。 ベイトタックルについて ベイトタックルは両軸受けリールとも呼ばれるリールを使用したタ ...

2

世の中には非常にたくさんのルアーが発売されていて玉石混交であり有象無象の世界となっているためどれを買えばいいのか初心者の方にはとても選びづらいと感じます。 このページではバスフィッシング歴20年以上の ...

3

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみる。 色々なルアーがあるが、適材適所でそのルアーにあった使い方をしてこそ最もポテンシャルを発揮出来る ...

-ルアー, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.