バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ワーム 使い方

実績抜群なワームまとめ

更新日:

ワームのイメージ
バス釣りに欠かせないのがソフトルアーとも呼ばれるワーム。

ソフトな素材を使っているためプラスチックで出来たハードルアーに比べるとナチュラルな動きが出せるため繊細な釣りで実績が高い。

どんなワームが釣れるワームなのか?についてこのページで解説していく。

スポンサーリンク

ワームの種類

まず、軽くどんな種類のワームがあるのかを解説しておこう。

ピンテールワーム

ピンテールワームイメージ
ピン(針)みたいなテール(しっぽ)を持ったワーム。細いしっぽはシェイキングなどの細かいアクションへの反応が非常によく、フィネスで攻める時には圧倒的な強さをみせる。

メリットは魚がスレている状況に強いこと。ワーム自体が殆ど動かずしっぽだけが微振動する波動は生き物の波動に近いのかもしれない。

デメリットはアピール力が弱いので魚がいる場所がわかっていないと効率が悪いこと。

カーリーテールワーム

カーリーテールワームイメージ
しっぽがカール(巻いた)したワーム。タダ巻きでカールした部分がピロピロ動いてアピールする。もちろんシェイクなどでもよく動く。グラブなどの種類がある。

メリットはフォーリングなどでも高アピールで簡単にそれなりの範囲から魚を寄せる動きを出せること。

デメリットはカールしたしっぽが邪魔な状況もあること。ダートさせたい時などにはテールが邪魔をして動きが制限される。またかじられて切れてしまうこともある。

ホグ系ワーム

ホグ系ワームイメージ
ホグ系はザリガニぽいワーム。ブラッシュホグというワームがアメリカから上陸してから急速に同様のタイプのワームが広まった。基本ザリガニだがエビっぽい物もあったりする。足が多いのが特徴。

メリットは足っぽいパーツが多く微振動するのでアピール力が高いこと。ボリューム感もあり大型のバスもよく釣れる。

デメリットはボリューム感が邪魔になることがあることと基本的にザリガニっぽいルアーなので使い方は限定される。これもパーツがブルーギルなどにかじられて切れてしまうこともある。

シャッドテールワーム

シャッドテールワームイメージ
丸い形のしっぽがついたワーム。巻くとプルプル動く。これもカーリーテールのように自動的にアピールしてくれるワーム。スライダーのバスグラブが有名。

メリットはフォールや巻くだけで勝手にアピールしてくれること。夜など細かい動きがし辛い状況では大活躍する。広範囲を手っ取り早く攻めることも可能。

デメリットはカーリーテール同様テールが邪魔な状況もあるということ。

ストレートワーム

ストレートワームイメージ
真っ直ぐなワーム。ピンテール系も大きく分けるとストレートワームになる。ピンテールはしっぽだけ細い。ストレートワームの代表としてはスライダーワームやスワンプクローラーなどをイメージしている。ミートヘッドも代表的ストレートワーム。
他にもフリックシェイクやヤマセンコー、カットテールワームなどもストレートワームに含む。

メリットは特徴があまりないのでどんな釣り方にもマッチすること。万能なワームであること。

デメリットはそれほどないがそのまま巻いてもアクションしないのでシェイクやリフトアンドフォールなど釣り人の手腕が問われるワームであるということ。

その他

他にもリザードやクロー、虫パターン専用ワーム、ジョイント系(ジャバロン)のワームもある。

おすすめする実績ワームまとめ

はっきり言ってブラックバスは好奇心でもルアーを喰う魚なので例えどんなルアーだとしても絶対食わないルアーなどない。なのでどんなワームでも釣れなくはないが私や私の周りの人間が実際に長年釣りをしてきてでかいバスをたくさん釣ってきたワームを紹介する。

カットテール

ゲーリーヤマモトのワームは名作が多いがその中でも登場から現在まで愛用し続けている名作中の名作。このワームもストレートワームの基本なので何でも使えるが塩入りということから飛距離も稼げるためノーシンカーでの使用が多い。

ヤマセンコー

最初はセンコーだったが途中から名前が変わった。このワームはノーシンカーで使う。フォール中に当たったり、沈めてからしばらくステイさせておくと食う事がある。基本的にラインでバイトを取る。他にはジャークベイト的にトリッキーなアクションで引いて使うことも。またタダ巻きでも釣れる。

シャッドシェイプ

まさかの廃盤なのだが在庫処分で安くなったのを3年分は買い占めたくらい今の私に無くてはならないワーム。テールだけ動かすシェイクを使うことができれば敵なしのレベルで釣れる。繊細な釣りなので荒れると出来ないのはデメリットだが。4インチはジグヘッドリグ、3インチはマスバリを使ったダウンショットリグで使うことが多い。まだ在庫があると思うので使ってみたい人は今のうちにどうぞ。

フリックシェイク

曲がったワームが釣れることがわかった為にわざと最初から曲がったワームを作ったという逸話のあるワーム。微妙なカーブが絶妙の波動を生み出す。見えバス狙いのワッキーリグはもはや他のワームでは代用出来ない釣果を生み出す。

バグアンツ

ホグ系で好きなのがこのワーム。ストレート系のワームでは全然釣れない時に使うとアタリが連発することがあるのでボックスから外せない。エビパターンに強い。使い方はライトテキサスかオフセットフックを使ったダウンショットでカバーを攻めることが多い。

スタッガー

シャッドテールのスイミングという釣りの先駆的ワーム。6インチのスタッガーテキサスリグを巻く釣りは琵琶湖でのスタンダードとなったが琵琶湖以外でもこの釣りは非常に強く夜釣りでは欠かせないアイテムである。もちろん昼でもよく釣れるし鯰もよく釣れる。

4インチグラブ

ゲーリーヤマモトの4インチグラブはバス釣りの定番中の定番。あまりに実績が高すぎるため私は頑なにこのワームに頼らずに頑張ったがテールを切って使うイモグラブを使いたすぎて解禁。バスフィッシングの歴史に残る名作と言ってもよいだろう。ちなみにこのワームから派生したスレンダーグラブやジャンボグラブも実績抜群。

実績抜群なおすすめワームまとめ

ワームのことを語り始めたらもう止まらないのでこのへんにしておくが個人的にはボディーシャッドスタッドバスグラブスクイッズアイシャッドフラッシュJ辺りもえげつないぐらい釣りまくったのを覚えている。

とは言っても他にも釣れるワームなんて山ほどあるので自分の好きなワームを使うっていうのもワームを選ぶ上で重要なことのひとつ。信じる者は救われるのである。

バス釣りってなんだかんだでルアーでも釣れるけど渋い時はワームになっちゃうんでワームはほんとに大事。

ワームの動かし方はうまい人の使い方を真似しているとだんだんわかってくると思うのでユーチューブとか釣り番組とかで研究してみるといいと思う。
ひとつだけコツを教えておくとワームには命を吹き込むイメージでアクションするといい。

1

バスタックルには、ベイトタックルとスピニングタックルがある。 このページではバスタックルの基本知識を紹介していく。 ベイトタックルについて ベイトタックルは両軸受けリールとも呼ばれるリールを使用したタ ...

2

世の中には非常にたくさんのルアーが発売されていて玉石混交であり有象無象の世界となっているためどれを買えばいいのか初心者の方にはとても選びづらいと感じます。 このページではバスフィッシング歴20年以上の ...

3

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみる。 色々なルアーがあるが、適材適所でそのルアーにあった使い方をしてこそ最もポテンシャルを発揮出来る ...

-ワーム, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.