困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスイメージ

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にルアーを落としても簡単には食いつかない。

そんな時に最終手段として使っているルアーを幾つか紹介してみる。

スポンサーリンク

ベビーポッパー

icon
icon
トップウォーターの良い所はラインが水に入らないから水切り音が発生しないこと。

プレッシャーの高いところではこの水切り音でバスが逃げていくことも多く出来るだけ水切り音を発生させたくない。

そんな水切り音を発生させないトップウォーターの中でも小粒でアピール力の高いベビーポッパーは実績が高いルアーの一つ。

他にもスレた場所で実績が高いトップウォーターはバズベイトやアベンタのようなビッグベイト系トップウォーターだったりする。

他にどうしても釣れない時にトップウォーターでバスの食欲のスイッチを入れるという意味でも投げたりする。

イモグラブ

icon
icon
ゲーリーヤマモトのイモグラブはエサと言っても過言ではないぐらいの最強レベル食わせルアー

このワームはノーシンカーで最高の釣果をもたらすので使い方はノーシンカー一択。居そうな場所に投げ込んで沈めるとラインが走りだしそのタイミングで合わせればバッチリフッキング出来る。

動きもフォールの動き以外でも底をズル引く動きが絶妙でまさに生き物。岸沿いをゆっくりと這わせるだけでどれだけスレたバスでも口を使うだろう。

また、リアクションでも実績は高く表層を超高速引きして逃げ惑う小魚を演じたり細かくトウィッチすることで反射的に口を使わせることも可能。

昔は4インチグラブのしっぽをちぎったりしてイモグラブを作っていたが今は商品化されているのでそれを買えばよい。

バグアンツ2インチ

icon
icon
これもエサレベルで釣れるワーム。

エコギアは他にもロッククローというエサレベルで釣れるワームがあるが私はバグアンツを多用する。

このワームのすごいところは足がたくさん付いていることによる餌の波動を生み出す力

私がエサ釣りでブラックバスをたくさん釣った経験からブラックバスはミミズより小魚よりエビをよく食べる事がわかった。バグアンツというワームはまさにエビそのものになりきる事ができると感じる。

使い方は小さなオフセットフックを使ったダウンショットを多用する。活性の低いバスは底をついばむという動作をあまりしないのでダウンショットで目の前に浮かすことで自然に食わせる事ができる。

アイシャッド

icon
icon
魚の活性が低い時やプレッシャーがかかっているときはとにかくルアーの波動を極限まで小さくしてどれだけナチュラルにすることが出来るかが大事になったりする。

極限までアピール力を減らして尚且つブラックバスにルアーを気づかせる事ができるのはピンテールというしっぽが細くなったワーム。

そのピンテールという形のワームの中でも非常に実績が高いのがアイシャッドである。

他のワームではどうしても無視されて攻略不可能かと思っていた激スレの場所で何の躊躇もなく見えバスが食ってくるワーム、それがアイシャッド。どれだけお世話になったか数えきれない。春先の低活性時はダウンショットが鉄板

カットテールワーム

icon
icon
普通のストレートワームに見えるこのワームが私の中では究極のワーム。恐らく私と同じ意見の人は相当いると思うが何故か釣れる。

カットテールはその名の通り普通リングワームだったりカーリーテールだったりするはずの尻尾の部分がカットされた形状になっている。

一見するとただそれだけのワームであり見た目では釣れるかどうかなど全く判断できないワームなのだが実績はとんでもないレベル。

使い方はシンプルにノーシンカーでいそうなところに投げ込んでも釣れるし、ネコリグにしたりダウンショットにしても釣れる。そう、この万能性がこのワームの特徴。

どんな釣り方にもマッチしてどんな状況にもマッチする。だから釣れる。

ただ形で言うだけなら同じようなワームはたくさんあるのだがこのワームのすごいところは塩加減だろう。塩によるワームの浮力調節が最も生物に近い動きを生み出しどんな状況でも釣果を生み出す。

本当にゲーリーヤマモトのワームがなんでこんなに釣れるのか?科学的にはわからないが実績から言うと素材以外に結論が出ないのである。ワームを製造するゲーリー氏曰くアリゾナの乾燥した場所でしか絶対作れない素材らしい。

どうしても釣れない時に使うルアーまとめ

バスフィッシングは自然を相手にするものなのでどうしても釣れないことはある。それでも上記のルアー・ワームを持っていれば坊主の確率は格段に減らせるだろう。

他にももう廃盤になってしまったので紹介しないがスウィーパースティックミニなども私の中では切り札的ワームになっている。人それぞれスタイルによって切り札的ルアーは変わってくると思うので自分にあった物を探してみるのも良いだろう。

 -ハードルアー, ワーム, 攻略法

  こちらもおすすめです

バス釣り有用サイトまとめ

BRUSH(ブラッシュ) 琵琶湖のブラックバスに特化した動画サイト。新作ルアーの使い方動画などがどん

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

色々なフォーリングを使いこなす

ルアーを沈めることを「フォーリング」という。 フォーリングはバスフィッシングにおいて重要でフォール中

クランクの使い方について

まずクランクというルアーがどういう目的で作られたルアーかを説明すると、クランクはとにかく中層にサスペ

リアクションで釣る方法

ブラックバスを釣る方法の基本的な技にリアクションで釣るという方法がある。 ブラックバスはお腹が空いて

小さいブラックバスを釣る方法

通常は大きいブラックバスを釣りたいものだけれど、小さいブラックバスを釣りたい時の釣り方を紹介する。

ブルーギルの釣り方

ブルーギルとは? ブルーギルという魚は1960年に食用として移入されたサンフィッシュ科の魚で雑食性で

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻

でかいバスを釣る方法

ランカーと呼ばれるでかいブラックバスを釣る方法について紹介する。 ランカーの定義はあまり厳密にはわか

梅雨がきた!トップが一番熱い季節のバスの釣り方

梅雨と言えば多くの人が嫌がる季節。 ジメジメしてるし、洗濯物は乾かない・・・髪の毛も広がるし傘を毎日

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム