バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方

シャッドの使い方

更新日:

ベビーシャッドの画像
シャッドは「シャッド」というアメリカでは一般的な魚に似せて作られたルアーである。
ミノーに比べるとボディーが平べったくてリップが長いのが特徴。

動きはナチュラルでミノーと同じく魚に近い細かい泳ぎをするルアー。

シャッドの使い方

動かし方としてはジャークやトウィッチでイレギュラーなアクションをつけるテクニックがあるが基本的に低速でただ巻きさせて使うルアー。クランクでは水押しが強すぎる状況などで使う。

低速でもきっちりとした動きを出せるので春先の動きの鈍いバスを狙う時に活躍する。
サスペンドという水中で浮くことも沈むこともなく止まるタイプを使い、ロングポーズをいれたストップアンドゴーはワームの釣りのような繊細さを要する。アタリもワームを使っている時のような繊細なアタリをかけていく。

ドラッキングというエレキを使ったりテクトロをしたりする釣り方ではかなり深くまで潜らせることができるので深い場所を攻めたい時に活躍することもある。

シャッドを使う場所

使う場所はブレイクラインや、岬の先端など。

他にはジャークさせてリアクションを誘う使い方で攻める場合はシェイドやブッシュなどのストラクチャーのそばを通すと影からバスが飛び出してくる。ミノーよりもボディーのフラッシング力が高い場合が多くロッドアクションで誘う釣りに向いていると言えるルアーの一つ。ミノーよりも潜るので少し深いレンジに魚がいる時などには多用する。

オススメのシャッド

シャッドは沢山の種類があるが私の経験と周りの人の実績からオススメのシャッドをいくつかピックアップしてみる。

シャッドラップは安定性のある動きでゆっくり巻くだけで誰でも使える名作。ダートなどはあまりしないがその分扱いやすい。

ソウルシャッドは早巻きでも安定性が高く使いやすい。どんな状況にも対応できる優等生。

ベビーシャッドは前のバスブームの頃に一世を風靡した加藤誠司氏作品の中でも名作中の名作。未だに実力は衰えず。

ジレンマのダートは最上級のダート。日本バスプロ界のトップである今江克隆氏の最高傑作。

その他にもたくさんのシャッドがあるが紹介しきれないのでここでは以上としておく。

-ルアー, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.