スウィッシャーの使い方

スウィッシャーはプロペラがついたルアー

ブラックバスはこのプロペラから出る音と水しぶきが大好きで、今まで静かだったところでもスウィッシャーを通すと急に水面が炸裂することがある。
特に使って欲しい場面はボイルしている状況。何故かボイル中のバスはスウィッシャーが通るとエサと認識して何の迷いも無く食いついてくる。すれていてボイルにワームを通しても反応が無い時などにも食ってくるからすごい。

スウィッシャーの種類

後にしかペラの無いシングルと前にも後にもペラのついたダブルがあるが、どちらでも釣れる。ダブルスウィッシャーのほうがアピール力は強いか。

スウィッシャーの使い方

音のアピール力が強いのでタダ巻きでも十分釣れるが状況によってはジャークを入れて誘ってあげるのも有効になることも。

スウィッシャーを使うポイント

使いたいポイントとしては基本的にオープンな場所で使うことが多いルアー。ただ、ブラックバスがストラクチャーにピッタリ付いているような状況ではストラクチャーを狙う必要がある。オススメのポイントは垂直岩盤エリアや立木が絡むエリア。縦のストラクチャーに付いている魚を狙う。

他は水通しの良い岬周りなどトップで釣れる一般的なポイントを狙うことが多い。

最近のスウィッシャー

スウィッシャーはトップウォーターとして長い間確立されていたが、近年はシンキングのスウィッシャーが出てきて、水面に飛び出さない状況でも釣れるルアーとなっている。

おすすめスウィッシャー

プロップペッパーは大きくてハイアピール!荒れている状況でもしっかりアピールできるルアー

プロップマジックはシンキングタイプのスウィッシャー。トップには出きらない場面でも使えるルアーでI字系とも呼ばれる。タダ巻きで使うルアー。

ステルスペッパーは羽が薄くて立ち上がりがとても良いのが好きな理由。音もシャラララとアピールしすぎず静かな水面にも馴染む。これもシンキングタイプだが私はRODを立ててトップウォーターとして使うことがほとんど。羽が曲がりやすいのが欠点。

 -ルアー, 使い方

釣具のナチュラムが決算・歳末セール実施中! icon

  こちらもおすすめです

船外機

水面へ出よう!ボートやフローターの基本知識

バス釣りと言えばバスボート。 陸っぱりでも結構釣れるし陸っぱり専門でやっている川村光太郎プロや村上晴

ペンシルベイトのイメージ

ペンシルベイトの使い方

ペンシルベイトは魚に良く似たルアーで使い方はドッグウォークという首振りさせるアクションで誘う。 ロッ

bassルアー

基本的なバスルアーの種類とその特徴まとめ

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみ

スピナーベイトイメージ

スピナーベイトの使い方

このルアーの特徴はブレードによって魚を寄せる力が強いのと根がかり回避能力の高いところがこのルアーの特

クランクイメージ

クランクの使い方について

まずクランクというルアーがどういう目的で作られたルアーかを説明すると、クランクはとにかく中層にサスペ

ベビーシャッドの画像

シャッドの使い方

シャッドは「シャッド」というアメリカでは一般的な魚に似せて作られたルアーである。 ミノーに比べるとボ

カラー

ワームのカラーについて

バスワームのカラーの基本 基本から説明していくと、晴れでクリアな水の場所ではナチュラル系の色がいい。

バズベイトの画像

バズベイトの使い方

バズベイトとは 上の写真のような金属のペラがついたワイヤーベイトである。 重要なのはこのルアーはトッ

ワームのイメージ

ワームを使う時のリグのセッティング方法まとめ

ワームの使い方の基本をまとめたページです。 ワームはハードルアーよりも動きがナチュラルで繊細な釣りが

提灯のイメージ

激スレエリア攻略に効く提灯(ちょうちん)釣りについて

バスフィッシングの裏技テクニックの中でもかなり釣れるテクニックが「提灯(チョウチン)釣り」というテク

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬バスイメージ
冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋バス画像
秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏バスイメージ
夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

スピナーベイトイメージ
ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

ラインイメージ
バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ザリガニイメージ
ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

切り札
困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワッキーリグ
ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム