バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方

ポッパーの使い方

更新日:

ポッパーでゲットしたバス

ロッドアクションでスプラッシュを出すのが基本アクション。
ポコッと音を立てると下から飛び出してくる。

ダイブ(強く引いて潜らせる)させたり、ペンシルのように首振りさせたりする使い方もあるがルアーによって個性が強く、そのルアーにしかできない動きを見つけていく楽しみもある。
水面で浮かせて止めておくポージングやルアー回収のような速度で巻いている時に食ってくることもよくあるルアー。

トップウォーターの中では一番初心者におすすめの釣れるルアーである。

このルアーの特徴としては音とスプラッシュ(水しぶき)で魚の活性を上げることができるということ。

ポッパーを使っているとバスは他の魚がエサを追ってると勘違いしつられてボイルを始めることもある。
それを利用してポッパーで魚の活性を上げてフォローでワームを使うなどのテクニックもあるほど。

ポッパーを使用する場所について

ポッパーを使う場所としてはかなりどこでも大丈夫で、ダムサイトのような水深がある場所でも、5メートルラインから水面まで一直線に飛び出してくる魚がいるほど魚を寄せる力は強い。

どこでも使えるルアーだがピンポイントで狙えるのでストラクチャーを攻めるのが基本的な使い方。護岸沿い、杭、冠水ブッシュ際、浮きゴミの際などギリギリをタイトに狙っていくとここぞというスポットで水面が割れるだろう。

何故ポッパーには羽根つきのフックが付いているのか?

ちなみに、後のフックに羽がついているのは出来る限り移動距離を抑えるための抵抗の意味が強い。ピンポイントをネチネチ攻めることの出来るトップウォーター。
ポッパーはオープンエリアでもピンポイントでも使える優秀なトップウォーター。

このルアーを使いやすいタックル

ロッド:ライトアクション
リール:ロッドにあったもの
ライン:PEラインプラス30センチほどのフロロカーボンリーダー

竿は硬すぎると動かしづらいので柔らかめを使うのが良い。バイトが乗りやすいというのも柔らかい竿のメリット。

ラインはトップウォータールアー全般に言えるが止めていても水面に浮くPEラインが使いやすいが人によっては止めないで使用するからフロロカーボンを使うという馬渕プロのような人もいる。

1

バスタックルには、ベイトタックルとスピニングタックルがある。 このページではバスタックルの基本知識を紹介していく。 ベイトタックルについて ベイトタックルは両軸受けリールとも呼ばれるリールを使用したタ ...

2

世の中には非常にたくさんのルアーが発売されていて玉石混交であり有象無象の世界となっているためどれを買えばいいのか初心者の方にはとても選びづらいと感じます。 このページではバスフィッシング歴20年以上の ...

3

初心者の方はルアーの種類がちんぷんかんぷんだったりすると思うのでこのページでルアーの種類をまとめてみる。 色々なルアーがあるが、適材適所でそのルアーにあった使い方をしてこそ最もポテンシャルを発揮出来る ...

-ルアー, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.