バス釣りマニアのルアーマンがブラックバス釣りについて語るサイトです!

ブラックバスの釣り方 [feat.釣活]

ルアー 使い方

ペンシルベイトの使い方

更新日:

非常にシンプルなトップウォータープラグで言ってみればほぼ浮いた棒みたいなルアーではあるがロッドアクションで自在にアクションを付けることの出来るルアーで使い方次第で非常に多彩な動きをつけることの出来るルアーがペンシルベイトである。

スポンサーリンク

ペンシルベイトの使い方

ドッグウォークという首振りさせるアクションで誘うのが基本。

ロッドアクションで左右に首を振るルアーなので竿をチョンチョン動かして見てどうやれば綺麗に首を振るか試して欲しい。コツとしてはラインをたるませながらロッドを動かすこと。一瞬張ってまた緩めるという動きによって上手く左右に首を振るだろう。

綺麗に首振りさせるのも良いがランダムな首振りをおすすめする。なぜなら自然界には綺麗に首振りする魚はいないから。

ルアーも結構重要で水平に浮いているルアーほど首振りし易い。
垂直浮きのペンシルはダイブが得意

どちらのタイプがいいかは状況によって使い分けする。
私は大きなサイズのバスを狙う時は水平タイプでスケーティングすることが多い。

使い方のポイントとしては、ポーズと呼ばれる止めが重要だったりする。
10秒くらいポイントに止めておいて、次のアクションで飛びつかせる。

ボイルしている魚を狙う時は逃げ惑う魚に似せるため、ちょっと早めに逃げる動作をさせるとバスは逃げられると思いあわてて食いついてくる。

ペンシルベイトを使う状況・場所

使う場所はどこでも良いが、広範囲を手っ取り早く攻めたい状況によく使う。朝マズメなど明らかに表層を意識していてあちこちでボイルが起こっているときなどペンシルベイトが最も手っ取り早く釣っていけるルアーになる。

特に使うべき場所はシャローエリア、岬、沖のウィードエッジ、アシ際などの明らかに活性の高い魚が獲物を待ち構えている場所が広範囲に存在している場所。立木や杭などのピンスポットで攻める場合は移動距離の少ないポッパーの方が狙いやすい。

カバーを狙う時はダブルフックを使って根掛りを回避するとよい。

おすすめペンシルベイト

ペンシルも小さなものから巨大なものまでたくさんあるが、一般的に小さなものほど動かしにくいため、初心者の方にはヘドン社製のザラスクープをおすすめする。動かしやすく実績も高い。

針が3本装着されているためミスバイトが少なく乗りやすいペンシルベイト。多くのプロが使うルアーで実績は高い。

昔から使われているリアルなペンシルベイトで垂直浮きタイプの代表格。浮かせておくだけでも釣れるが逃げ惑う小魚を演じさせると超一級の動きなので活性の高い魚が集まりやすいインレットなどで大活躍する。ジュニア、マイクロなどのサイズバリエーションもありどれも釣れる。

-ルアー, 使い方

Copyright© ブラックバスの釣り方 [feat.釣活] , 2017 AllRights Reserved.