ビッグベイトの基本的な使い方

ビッグベイトとは巨大なルアーのことである。

一般的に20センチ以上もある巨大なルアーである場合が多く、通常のバスタックルでは投げることが出来ないためビッグベイト専用タックルが必要となる。

ビッグベイト対応タックル参考

ロッド:MAXウェイトで2〜3オンスのルアーを投げることの出来る7フィート程度のロッド
ロッド例)

icon
icon

リール:16ポンドラインを75メートル巻くことの出来るベイトリール
リール例)

icon
icon
ライン:16ポンド以上のナイロンラインまたはフロロカーボンライン。かかるサイズが大物である場合が多いので20LB以上推奨。最近ではより強力なPEラインも使われることが多くなっている。(PEは根ずれに弱いので5号推奨)
ライン例)

icon

スポンサーリンク

ビッグベイトのメリット・デメリット

ビッグベイトのメリットは、

  • 小さい魚はほとんど釣れない上でかいのから釣れる
  • 巨大なため魚を寄せる力がものすごい
  • 釣った時の満足度が高い

と言ったところ。

デメリットは、

  • タックルが別に必要になる
  • タックルボックスが別に必要になる(専用のボックス)
  • 重いので投げ続けるのが疲れる
  • 釣ったことが無いと投げ続ける忍耐力が持たない
  • ルアー自体が高い

と言った感じ。

近年ビッグベイトがトーナメントでの勝利ルアーになるほどの浸透ぶりで使用者が増え続けている。ツイッター、フェイスブックなどのSNSでビッグベイトで釣ったというとダイナミックさをアピールできるというのもメリットかもw

ビッグベイトの種類について

ビッグベイトと言っても大きくわけて3種類ほどある。表層攻めのティンバーフラッシュやカバーに強いスイムベイト、リアルな動きのS字形などそれぞれ特徴があり、場所によって使い分けると効果的である。

エバーグリーン(EVERGREEN) ティンバーフラッシュJr #618 ピーコック

1.ジョイント式ミノータイプ

キャスティーク・ACミノーなどを代表とする巨大なミノー。このタイプはフローティングタイプが多い。

一番はじめにビッグベイトブームに火をつけた立役者的存在で巨大バスをゲットする率も非常に高いルアーである。

このタイプのルアーの使い方は基本的にゆっくりタダ巻きで釣れるがここぞというポイントでのロングポーズ(ほっとけ)も非常に有効で波紋が消えるまで放置したあとのワンジャークで襲い掛かってくることがある。ゆっくりタダ巻きでついてきた場合は速巻きに切り替えると逃げられると感じたバスが一気に襲ってくることがある。この場合は止めるとUターンしてしまうので止め無いほうがよい。

私のおすすめルアーはネコソギ。ゆっくり巻くだけで釣れる。琵琶湖の夜釣りでの実績はピカイチ。

PHAT LAB(ファットラボ) ネコソギ DSR

シャローのデカバスを虜にするルアー。

その他実績ルアー参考:

icon
icon

2.ジョイント式リップレスタイプ

エスドライブジョインテッドクローを代表とするS字形と呼ばれるタイプのルアーで、泳いでいる姿は本物の魚そのものである。

すれた場所でも炸裂するビッグベイトで非常に実績の高いルアーである。主にシンキングタイプであるため根がかりが非常に怖いルアーでもある(高価なため)
おすすめは元祖S字形ジョインテッドクロー。まさに鮎。釣れそうなルアーを使うというのは集中する上で大事。

このタイプのルアーの使い方は基本はゆっくりタダ巻きだがロッドアクションでターンさせることが出来る。泳ぐ向きが急に変わるとバスがリアクションでバイトすることがある。上手い人は180度ターンを更に進化させ360度ターンで広範囲にアピールできる。リップがない分自由度の高いルアー。
根掛かりのない場所でのボトムステイは弱って動けないベイトを演じることが出来、ステイ後の動き始めで食ってくる。特にギル型ルアーは冬季のボトムステイがハマることがある。

参考:

icon
icon
icon

3.スイムベイトタイプ

タロンやビビッドクルーズなどを代表とするソフトマテリアルのみで作成されたタイプのスイムベイト。

形状がワームに近くイメージ的にワームを使うのと同じであるため使いやすく実績も高い。サイズも7インチを中心に12インチという超大型や5インチというようなビッグベイトと呼べないサイズまでラインナップされているため手に取りやすいルアーでもある。

使い方はとにかくタダ巻き。小細工は必要なくひたすらタダ巻きで流していけばよい。護岸沿いを流していくのが基本であるがやはりストラクチャー周りでバイトが多いので油断せずに巻いてくる。

参考:

Fish Arrow Fish Arrow/フィッシュアロー Vivid Cruise/ビビッドクルーズ 102 スペシャルピンク 30g

4.トップウォータータイプ

正確にはビッグベイトと呼べるかわからない1オンス程度のルアーなのだが、クレイジークローラータイプのトップウォーターの大型化が起こっている。動きが面白く巻いているだけで楽しいのだが実績も高く初夏から秋にかけての定番ルアーになりつつあるのがこのタイプ。破壊力は強くビッグベイトと同様に使えるビッグバスハンター。

使い方は基本的にゆっくりタダ巻きでストラクチャー沿いをリトリーブ。自動的にハイアピールなアクションをするのでベストなアクションを起こす速度を探して巻き続ける。活性が低く追ってこない時は時々ロングポーズを入れてみるのも有効。ここぞというポイントでのシェイキングやわざと枝に引っ掛けてちょうちんでシェイクなども試してみると良い。

参考:

その他トップウォーター系ビッグベイト
デプス(Deps) バズジェット
icon

ビッグベイトについてまとめ

ビッグベイトはブラックバスの捕食のスイッチと別に縄張りを荒らすというイライラのスイッチもオンにすることが出来るルアーで他のルアーでは絶対に釣れない魚を釣ることの出来るルアーだといえる。

↑このルアーなど確実に捕食行動ではなく威嚇行動で口を使っている。

ビッグベイトの裏技としては見えバスの前を何度も何度もビッグベイトを通していらつかせ、スモラバで食わせるというテクニックもある。

 -ハードルアー, ルアー, ワーム, 使い方

  こちらもおすすめです

変わったリグ(仕掛け)まとめ

基本的なリグは「ワームを使う時のリグのセッティング方法まとめ」のページにまとめて紹介しているがこのペ

ベイトフィネスの基礎知識

ベイトフィネスというのはこれまで重いルアーしか使用できないと考えられていたベイトキャスティングリール

激スレエリア攻略に効く提灯(ちょうちん)釣りについて

バスフィッシングの裏技テクニックの中でもかなり釣れるテクニックが「提灯(チョウチン)釣り」というテク

スウィッシャーの使い方

スウィッシャーはプロペラがついたルアー。 ブラックバスはこのプロペラから出る音と水しぶきが大好きで、

フロッグの使い方

「フロッグ」とはカエルのルアーでソフトマテリアルで出来ている。 基本的に浮くタイプであるためトップウ

バイブレーションの基本的な使い方とおすすめ

アメリカではリップレスクランクの名で呼ばれているバイブレーションプラグは広範囲を一番スピーディーに攻

実績抜群なワームまとめ

バス釣りに欠かせないのがソフトルアーとも呼ばれるワーム。 ソフトな素材を使っているためプラスチックで

ハードルアーのカラー選び

カラーを選ぶ基準 カラー選びに重要なのが季節、天気、水の色など様々な要因で、それぞれ状況によって効く

ワームを使う時のリグのセッティング方法まとめ

ワームの使い方の基本をまとめたページです。 ワームはハードルアーよりも動きがナチュラルで繊細な釣りが

スピナーベイトの使い方

このルアーの特徴はブレードによって魚を寄せる力が強いのと根がかり回避能力の高いところがこのルアーの特

  コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策です。計算結果を半角数字で入れてください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

冬のバス釣り

冬は寒い。 ブラックバスも冬は寒さでほとんど動かない。非常に厳しいシーズンである。 ただ、釣り方さえ

秋のブラックバス攻略

季節ごとのブラックバス攻略法、秋シーズン編。 秋というシーズンは冬に向けて荒食いに入るためブラックバ

夏のバス釣り

暑い夏でも釣りに行く!そんな方向けのエントリーです。 めちゃくちゃ暑い夏のバスはどこでどうやって釣る

ブラックバスの扱い方の注意点について

ブラックバスはキャッチアンドリリースで楽しむスポーツフィッシングなのだがブラックバスの扱い方によって

バスフィッシング用のラインの基礎知識

バスフィッシングで使うラインはフロロカーボンやナイロン、PEラインなど様々な種類があって初心者には少

ベイトフィッシュについての基礎知識

ブラックバスを釣る上で何を食べているか?について知ることは重要で、ベイトに合わせてルアーを変えるとい

困ったときの切り札的ルアー・ワームはこれだ!

ブラックバスがどうしても釣れない時がある。活性が低かったり、プレッシャーが高かったりすると目の前にル

ワームの基本テクニック

バスフィッシングでタフな状況に強いのがワーム。ソフトルアーとも呼ばれ柔らかい素材で作られているワーム